Bardに組んでもらった15万円以内ゲーミングPC

Bard 生成AI
Google Bard
記事内に広告が含まれています。

予算15万円以内で最新のゲーミングPCを作ってください。

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!
  • CPUは、IntelとAMDのもので比較できる様にお願いします。
  • パーツの型番はリスト化して、できれば概算価格も含めてください。
  • それぞれの「お勧めポイント」も教えてください。
Bard
Google Bard
PR広告

Bardに聞く

Bard

Bard回答1

Intel系

Bard
Bard Ans.01 Intel
Table形式で

GoogleスプレッドシートにエクスポートしてTable化しました。
(一部強調表示・加工しています。)

 回答1:Intel系構成
構成パーツ型番概算価格お勧めポイント
1CPU Core i5-13400F25,000最新世代の6コア12スレッドCPUで、高性能と低価格(➡価格高騰中)
2マザーボード B660M-A Pro15,000ミドルレンジのB660チップセット搭載マザーボードで、十分な拡張性と安定性
3メモリ DDR4-3200 16GB×210,000デュアルチャネルで動作させるため、16GB×2を推奨
4ストレージ NVMe SSD 1TB10,000最新のPCIe Gen4規格のSSDで、高速なゲームロードを実現
5グラフィックカード GeForce
RTX 4060 Ti
60,000最新世代のミドルレンジGPUで、WQHD解像度での高フレームレートゲームに対応
6電源ユニット 650W 80PLUS GOLD10,000十分な余裕を持たせた容量と、省エネ性能の高い電源ユニット
7ケース ATX Mid Tower5,000拡張性に優れたATX Mid Towerケースで、カスタマイズもしやすい
G合計135,000

お勧めポイント
最新世代のCPUとGPUを搭載し、ハイエンドゲームも快適にプレイできる性能を実現
メモリとストレージは、十分な容量と性能で、快適なゲームプレイをサポート
電源ユニットは、余裕を持たせた容量と省エネ性能で、安定した動作を実現

Bard

AMD系

Bard
Bard Ans.01 AMD
Table
 回答1:AMD系構成
構成パーツ型番概算価格お勧めポイント
1CPU Ryzen 7 5700X 30,000 旧世代ながら8コア16スレッドと十分な性能を備え、コストパフォーマンスに優れる
2マザーボード B550M-A Pro 15,000 ミドルレンジのB550チップセット搭載マザーボードで、十分な拡張性と安定性
3メモリ DDR4-3200 16GB×2 10,000 デュアルチャネルで動作させるため、16GB×2を推奨
4ストレージ NVMe SSD 1TB 10,000 最新のPCIe Gen4規格のSSDで、高速なゲームロードを実現
5グラフィックカード GeForce
RTX 4060 Ti
60,000 最新世代のミドルレンジGPUで、WQHD解像度での高フレームレートゲームに対応
6電源ユニット 650W 80PLUS GOLD 10,000 十分な余裕を持たせた容量と、省エネ性能の高い電源ユニット
7ケース ATX Mid Tower 5,000 拡張性に優れたATX Mid Towerケースで、カスタマイズもしやすい
G合計140,000

お勧めポイント
旧世代ながら十分な性能を備えたCPUと最新世代のGPUを搭載し、ハイエンドゲームも快適にプレイできる性能を実現
メモリとストレージは、十分な容量と性能で、快適なゲームプレイをサポート
電源ユニットは、余裕を持たせた容量と省エネ性能で、安定した動作を実現

Bard

どちらのモデルがお勧め?

どちらのモデルも、最新のゲームを快適にプレイできる性能を備えています。
Intel製モデルは、最新世代のCPUとGPUを搭載し、より高い性能を発揮します。そのため、最新のゲームを最高画質でプレイしたい方におすすめです。
AMD製モデルは、旧世代ながら十分な性能を備えたCPUと最新世代のGPUを搭載し、コストパフォーマンスに優れています。そのため、予算を抑えながらハイエンドゲームをプレイしたい方におすすめです。

Bard

Bard回答2

Googleスプレッドシートにエクスポートできる形式ではなかった。

Intel / AMD

Bard
Bard Ans.02

画像だけだと読みにくいので

Intel Core i5 13400F + RTX 4060 Ti

パーツリスト

  • CPU:Intel Core i5 13400F(定価:24,800円)
  • マザーボード:ASUS TUF GAMING B660M-PLUS(定価:15,800円)
  • メモリ:Crucial Ballistix 32GB(16GB×2)(定価:23,000円)
  • ストレージ:Samsung 980 Pro 1TB(定価:22,000円)
  • グラフィックスカード:NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti(定価:69,800円)
  • 電源ユニット:Corsair RM650(定価:12,000円)
  • ケース:Thermaltake H200(定価:8,000円)

    概算価格:150,000円前後

    お勧めポイント
  • 最新世代のCPUとGPUを搭載しており、高画質・高フレームレートでのゲームプレイが可能
  • コスパも良く、15万円以内で最新のゲーミングPCを手に入れたい方におすすめ

AMD Ryzen 7 5700X + RTX 4060 Ti

パーツリスト

  • CPU:AMD Ryzen 7 5700X(定価:28,800円)
  • マザーボード:ASRock B550M Steel Legend(定価:12,800円)
  • メモリ:Crucial Ballistix 32GB(16GB×2)(定価:23,000円)
  • ストレージ:Samsung 980 Pro 1TB(定価:22,000円)
  • グラフィックスカード:NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti(定価:69,800円)
  • 電源ユニット:Corsair RM650(定価:12,000円)
  • ケース:Thermaltake H200(定価:8,000円)

    概算価格:150,000円前後

    お勧めポイント
  • 8コア16スレッドのCPUを搭載しており、マルチタスク性能にも優れる
  • コスパも良く、15万円以内で高性能なゲーミングPCを手に入れたい方におすすめ

    両者の比較

CPUの性能面では、Intel Core i5 13400FがRyzen 7 5700Xに若干劣ります。ただし、ゲームプレイにおいてはCPUの性能差が大きく影響することは少なく、両者とも最新のゲームを快適にプレイすることができます。

価格面では、Ryzen 7 5700Xの方が若干安価です。ただし、マザーボードや電源ユニットなどの周辺パーツの価格も考慮すると、総額ではIntel Core i5 13400Fの方が安くなる場合もあります。

どちらの構成を選ぶかは、CPUの性能や価格、そして自分のゲームプレイの用途などによって判断するとよいでしょう。

その他のポイント

メモリは、ゲームプレイに必要な最低限の容量は16GBです。ただし、マルチタスクを頻繁に行う場合は、32GB以上を搭載することをおすすめします。
ストレージは、SSDを搭載することで、ゲームの起動やロード時間が短縮されます。また、SSDはHDDに比べて耐久性にも優れているため、長く使い続けることができます。
電源ユニットは、グラフィックスカードなどの消費電力を考慮して、十分な容量のものを搭載するようにしましょう。
ケースは、デザインや機能性など、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

以上、予算15万円以内で最新のゲーミングPCを作る際に参考になる情報をまとめました。

Bard

回答3

Intel系

Bard
Bard Ans.03 Intel
Table
 回答3:Intel系構成
構成パーツ型番概算価格お勧めポイント
1CPU Core i5-13400F 26,000 最新の第13世代Core i5で、シングルコア性能が優れている。
2マザーボード ASRock B660M-HDV 12,000 コストパフォーマンスに優れたB660マザーボード。
3メモリ DDR4-3200 16GB (8GB×2) 14,000 ゲーミングPCに十分な容量と速度のメモリ。
4ストレージ M.2 NVMe SSD 1TB 10,000 高速なストレージでゲームの起動やロードを短縮。
5グラフィックカード GeForce
RTX 4060 Ti
65,000 最新のミドルレンジGPUで、WQHD解像度で高フレーレートのゲームプレイが可能。
6電源ユニット 650W 80PLUS BRONZE 6,000 十分な出力と効率の電源ユニット。
7ケース ATX Mid Tower ケース 5,000 拡張性と冷却性に優れたATX Mid Towerケース。
G合計138,000

Intel構成
お勧めポイント

  • Core i5-13400Fは、最新の第13世代Core i5で、シングルコア性能が優れています。そのため、CPU負荷の大きいゲームでも快適にプレイできます。
  • ASRock B660M-HDVは、コストパフォーマンスに優れたB660マザーボードです。必要十分な機能を備えており、安定した動作が期待できます。
  • DDR4-3200 16GB (8GB×2)は、ゲーミングPCに十分な容量と速度のメモリです。ゲームの快適なプレイや、マルチタスクにも対応できます。
  • M.2 NVMe SSD 1TBは、高速なストレージでゲームの起動やロードを短縮できます。
  • GeForce RTX 4060 Tiは、最新のミドルレンジGPUで、WQHD解像度で高フレーレートのゲームプレイが可能です。
  • 650W 80PLUS BRONZEは、十分な出力と効率の電源ユニットです。安定した動作を維持できます。
  • ATX Mid Tower ケースは、拡張性と冷却性に優れたATX Mid Towerケースです。将来的なパーツのアップグレードにも対応できます。
Bard

AMD系

Bard
Bard Ans.03 AMD
Table
 回答3:AMD系構成
構成パーツ型番概算価格お勧めポイント
1CPU Ryzen 7 5700X 31,000 8コア16スレッドのCPUで、マルチタスクにも優れている。
2マザーボード ASUS TUF GAMING B550M-PLUS 15,000 コストパフォーマンスに優れたB550マザーボード。
3メモリ DDR4-3200 16GB (8GB×2) 14,000 ゲーミングPCに十分な容量と速度のメモリ。
4ストレージ M.2 NVMe SSD 1TB 10,000 高速なストレージでゲームの起動やロードを短縮。
5グラフィックカード GeForce
RTX 4060 Ti
65,000 最新のミドルレンジGPUで、WQHD解像度で高フレーレートのゲームプレイが可能。
6電源ユニット 650W 80PLUS BRONZE 6,000 十分な出力と効率の電源ユニット。
7ケース ATX Mid Tower ケース 5,000 拡張性と冷却性に優れたATX Mid Towerケース。
G合計146,000

お勧めポイント

Ryzen 7 5700Xは、8コア16スレッドのCPUで、マルチタスクにも優れています。そのため、ゲームだけでなく、動画編集やクリエイティブ作業も快適にこなせます。

Bard
PR広告

まとめ

Bardの提案では、いづれの場合もCPUは、Core i5-13400Fまたは、Ryzen 7 5700Xで、
グラフィックカードは、GeForce RTX 4060 Tiが一押しらしい。
メモリは32GB16GBで価格が逆転していた。
回答2は、Googleスプレッドシートにエクスポートできる形式ではなかった。概算価格も定価表示だった

総評

Bardで分かったこと
 ・ 概算金額で依頼したからか?同じタイミングなのに価格が微妙に異なる
 ➡ Core i5-13400F (25,000、26,000)
 ➡ Ryzen 7 5700X  (30,000、31,000)
 ➡ グラフィックカード GeForce RTX 4060 Ti (60,000、65,000)

 ・ メモリの価格が逆転
 ➡ DDR4-3200 16GB×2 10,000
 ➡ DDR4-3200 16GB (8GB×2) 14,000

Netには様々な情報が存在します(玉石混交)。
Bardの回答も何時かの時点の情報を集約したものと思われます(実際に23/12/18時点で最新情報でない所も見受けられます)。
Bardは優秀便利機能に他なりませんが、いづれにしても鵜呑みするのでなく、実態調査は欠かせません

市場調査

Bard回答2の内容をAmazonで実際の価格を調べてみましょう。
結果をTable形式でまとめました。

i5 13400F

 回答2:Intel系構成➡スプレッドシート出力形式でなかった➡実勢価格
構成パーツ型番 定価Amazon (23/12/18)販売価格
1CPU Intel Core i5 13400F 24,800 Corei5-13400F 10/16 4.60GHz
6xx/7xx Chipset グラフィック機能なし
32,255
2マザーボード ASUS TUF GAMING
B660M-PLUS
15,800 TUF GAMING B660M-PLUS D4
 (Socket LGA1700 for 13th Gen)
22,000
3メモリ Crucial Ballistix 32GB(16GB×2) 23,000 Crucial PRO (マイクロン製) 16GBX2枚
DDR4-3200   ※.Ballistix は高価
10,180
4ストレージ Samsung 980 Pro 1TB 22,000 Samsung 980 PRO 1TB PCIe Gen 4.0 x4
(最大転送速度 7,000MB/秒) NVMe M.2
14,323
5グラフィックカード NVIDIA
GeForce RTX 4060 Ti
69,800 PNY GeForce RTX 4060 Ti 8GB
VERTO STANDARD  DUAL FAN
58,980
6電源ユニット Corsair RM650 12,000 【Amazon.co.jp限定】
CORSAIR RM650 完全モジュール式
ATX対応 105°80Plus Gold認証 650W
15,280
7ケース Thermaltake H200 8,000 Thermaltake H200 TG RGB ミドルタワー型
強化ガラス フロントLEDバー搭載
8,056
G150,000円前後175,40011,074オーバー161,074
 回答2:AMD系構成➡スプレッドシート出力形式でなかった➡実勢価格
構成パーツ型番 定価Amazon (23/12/18)販売価格
1CPU AMD Ryzen 7 5700X 28,800 AMD Ryzen 7 5700X
without cooler 3.4GHz 8コア / 16スレッド
25,980
2マザーボード ASRock B550M Steel Legend 12,800 ASRock AMD Ryzen 5000 (Soket AM4) B550 Micro ATX B550M Steel Legend 15,980
3メモリ Crucial Ballistix 32GB(16GB×2) 23,000 Crucial PRO (マイクロン製) 16GBX2枚 DDR4-3200
※.Ballistix は高価
10,180
4ストレージ Samsung 980 Pro 1TB 22,000 Samsung 980 PRO 1TB PCIe Gen 4.0 x4
(最大転送速度 7,000MB/秒) NVMe M.2
14,323
5グラフィックカード NVIDIA
GeForce RTX 4060 Ti
69,800 GIGABYTE GeForce RTX4060Ti GDDR6 8GB 71,218
6電源ユニット Corsair RM650 12,000 【Amazon.co.jp限定】
CORSAIR RM650 完全モジュール式
ATX対応 105°80Plus Gold認証 650W
15,280
7ケース Thermaltake H200 8,000 Thermaltake H200 TG RGB ミドルタワー型
強化ガラス フロントLEDバー搭載
8,056
G150,000円前後176,40011,017オーバー161,017

ここは、PNY GeForce RTX 4060 Ti 8GBVERTO STANDARD  DUAL FAN 58,980 にすると -12,238 で、合計148,779 となり、予算150,000以内となります。

Ballistix

Crucial Ballistix シリーズ デスクトップ用ゲーミングメモリ
クルーシャル (マイクロン製) 16GBX2枚 DDR4-3200 CL16 ¥27,900
https://www.cfd.co.jp/biz/product/detail/bl2k32g32c16u4b.html