マルチモニタ・ディスプレイ

(1台のパソコンに複数のディスプレイを接続して、同時利用すること)
モニタ2台なら「デュアルモニタ(ダブルモニタ)」、3台なら「トリプルモニタ」と呼びます。

ノートパソコンを置くスペースしかなくても、モニタアームを使うことで、
快適で作業効率アップのデュアルディスプレイ環境が構築できます。

ノートパソコンのスペースに少し余裕があるなら、外付けキーボードを使うことで
更なる効率アップ(操作性を高めること)も望めます。

あなたも取り組んでみては?いかがでしょうか。

Windows10では、デスクトップUI(画面のユーザインターフェース)にこだわって、ディスプレイの設定にも手を加えており、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫があります。

 Windows 10でマルチディスプレイ環境をセットアップするのは簡単です。
パソコンに2台目のディスプレイをつなぐと、Windowsが自動的にそのディスプレイを検出してデスクトップUIを表示してくれます。

 このとき、デスクトップUIの表示方法はOSの「表示」メニューから選択可能です。
タスクバーから「アクションセンター」を起動して「表示」を選択するか、
「Windows」+「P」のショートカットキーで「表示」メニューが呼び出せます。
選択できる表示方法は

以下の4種類があります。

      ● PC画面のみ:1台目のディスプレイだけに画面を表示する
      ● 複製:2台目のディスプレイに1台目のディスプレイと同じ画面を表示する
      ● 拡張:デスクトップUIを2台のディスプレイにまたがるよう拡張する
      ● セカンドスクリーンのみ:2台目のディスプレイだけに画面を表示する
マルチモニタ・ディスプレイ

テレワークにオススメのディスプレイ:マルチモニタで効率アップ

どんな道具でもそうですが予算、使用環境あなたにとって使いやすいかどうかです。一番はデモ環境があるとか実際に触ることができるお店で確認することが大事ですが、コロナ禍の現在、お店に行き辛いことデモ環境でも触ること自体も危ぶまれます。Amazonでの買い物の良い点としては、量販店より安く買えることと、直接店舗に出向くわけではないのでコロナ禍の心配も少なくて済みます。
2020.09.09
ツールボックス

モバイルモニタをデスクトップで使って作業効率42%アップ

テレワークで会社のノートPCを持ち帰り、自宅で仕事をする人も増えたのではないでしょうか?そんな時ノートパソコンだけだと作業性が悪くなる場合があります。デュアルディスプレイの優位性は平均で42%生産性がアップすると言われています。色々な資料を開いたり、見ながらの作業であったら、まとめて表示できる広いモニタが必要になってきます。(複数の資料や、ネットで調べ物をしなければならないとき、いろいろな資料やブラウザを開いたり閉じたりでは大変で、作業性も良いものではありません)
2020.09.09
タイトルとURLをコピーしました