プラグイン

プラグインプラグイン

WordPressサイトに必要なプラグイン
✅ セキュリテイプラグイン

    Site Guard WP Plugin
    XO Security

✅ 運用プラグイン

    EWWW Image Optimizer

プラグイン導入の注意点

✅ 機能が重複プラグインは導入しない
✅ 既に導入しているプラグインに無い機能が必要な場合で、後から導入するプラグインに重複する部分の機能がある場合は、使わない様に設定する
  (具体例、Site Guard WP Plugin と XO Security
✅ プラグインの導入数は、10本以内に抑える(多すぎる場合、バージョン管理の面と、運用管理の面が大変になってくる、およびアクセスパフォーマンス低下を招くおそれ)
✅ 使わなくなったプラグインや、長い間バージョンアップしていない場合は、セキュリティ上の問題を引き起こす可能性も考えられる為、削除する方向で調整し、できる限り削除する

.htaccess

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ

次世代フォーマットでの画像配信:アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグイン目的はユーザビリティの向上。方法はサイトの応答時間を短縮させるに必要な画像の軽量化(最適化)すること手段は次世代フォーマットでの画像の配信が出来る(PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができる)プラグインを使うこと
2020.07.03
セキュリティ

実験で分かった事Cocoon使うならxxxプラグイン使ってはいけない

WordPress単体では実現が困難なこと(例えば、セキュリティの確保など)、WordPress用に有用な多くのプラグインが存在します。しかし一方では導入する為に気を付けなければならないことも多くあります。一番肝心なことは、目的だけを注力してプラグインを採用してはいけないことです。
2020.06.13
Plugin-Vup

警告!WordPressホームページがイケナイ理由

WordPressでホームページを作ると決めたときに必要なこと信頼できるホームページ制作会社に制作と保守を依頼すること「激安ホームページ」とか「格安ホームページ制作」などのキャッチフレーズを掲げているホームページ制作会社には依頼すべきではないと断言します。それらは、見栄えは良いかも知れないが結果的に「安かろう・悪かろう」で、あなたのホームページが終わってしまう
2020.06.13
XO Security

あなたのホームページ危険です管理者情報が丸見えです。

wordpress セキュリティ プラグイン管理者ユーザ情報が丸見え管理者ユーザ情報を隠す手段をお伝えします肝腎のセキュリティ対策の多くが未適用ですあなたのホームページ制作会社はこの事実を知らない事実。何も対策をしていない。これを対策する無料のプラグインXO Security簡単インストール & セットアップ
2020.06.13
タイトルとURLをコピーしました