必要なことは特定のページでしか使わないプラグインは、特定ページ動作に限定する

site weight savingウェブサイトの軽量化
特定のページでしか使わないプラグインは、特定ページ動作に限定する

コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。

あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。

無頓着でいると、貴重な数ミリ秒を浪費してしまう。

無頓着であってはならないのです。

全てのページで有効化しているのは大きな浪費

 ✅ 塵も積もれば山となる

 ✅ 無頓着ではいられない

サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。

利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、

サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。

 表示速度が2秒遅くなっただけで50%の利用者が直帰するという結果が出ています。

 サイトのコンテンツが読み込まれ、利用者がブラウザで操作可能になるまでの時間は3秒以内が理想と言われています(現在ではもっとせっかちな人もいます)が、この3秒を超えると57%の利用者が離脱し、そのうちの80%の利用者はサイトへ再訪しないとも言われています。

 Googleのブログでも、モバイルサイトで5秒以上ブログが表示されないと平均74%の利用者が離脱すると書かれています。

WordPressの機能を補完するプラグイン

WordPressサイトに利用できるプラグインは様々で、その利用目的も数多くあります。

その機能を大きく分けて整理してみると

  1. セキュリティ対策用プラグイン
  2. 運用・運営支援用プラグイン
  3. サイト開発支援用プラグイン

の様に大別できると思います。


3の開発支援用はさておき、


1のセキュリティ策で利用するプラグインはサイト全体に必要なものです。


しかし、

2の運用・運営支援に使用するプラグインはどうでしょうか?

運用・運営支援で主なプラグイン

 2.1. 画像圧縮(次世代フォーマット)対応

 2.2. 画像最適化

 2.3. キャッシュ処理

 2.4. 画像遅延読み込み(Lazy Load)※01.

 2.5. SEO内部対策 ※02.


 2.6. コンタクトフォーム(問い合わせ)

 2.7. アクセス状況把握(ヒートマップなど)

 2.8. XML サイトマップ作成 ※01.

 2.9. HTML/CSS/JavaScript等の縮小化 ※02.

 2.10. エディタ拡張 ※02.

 2.11. 記事投稿支援

などがあります。(レンタル サーバ側で可能なバックアップ機能等は除く)

※01. WordPress 5.5で ネイティブサポート予定プラグインは不要になる

※02. 機能を持つテーマを採用するとプラグインの導入は不要になる

大事なこと

site weight saving
特定のページでしか使わないプラグインは、特定ページ動作に限定する

ここで、

2.5と2.6の間に区切り線を設けた理由を、お伝えします。

2.5までは、ウェブサイトの全てのページに影響する(反映させる)ものです。

しかし、

2.6からは、特定のページでしか使わないものです。

それなのに、無頓着

それなのに、殆どのウェブサイト制作者は無頓着です。

伝えたいこと

何を、お伝えしたいかと言うと

ウェブサイトの反応を早くすることが、

ウェブサイトの利用者にとって大事なことです。

その為に、
2.12.4の様なプラグインを使うことは、あなたもご存知のことだと思います。

Pluginてんこもりは、論外ですが、

プラグインの導入数が多くなりにつれ、

それらのプラグインを読み込むために必要となる時間が長くなってきます。

これは、つまるところウェブサイトの反応を遅くする原因の1つになってくるのです。

あなた以外のウェブサイトの利用者にとって

サイトの反応が遅くなるのは、迷惑でしかないのです。離脱を促すことにも!

結論は、

特定のページでしか使わないプラグインは、

特定のページを開いた時にしか読み込ませる必要がありません

逆に言うと、

コンタクトフォームプラグインは問い合わせページでのみ有効化する

 例えば、コンタクトフォームプラグインは問い合わせページ以外では無効化する必要があります。

 なぜなら、

他のページを開いたとき余計不必要なもののために、

貴重な数ミリ秒を浪費してしまうからです。

もっとあります。

あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグイン

全てのページで有効化しているのは浪費

塵も積もれば山となる

管理画面ページで使用するプラグイン」

 ✅ アクセス状況把握プラグイン

 ✅ XML サイトマップ作成プラグイン

 ✅ エディタ拡張プラグイン

 ✅ 記事投稿支援プラグイン


筆者がサイトに導入しているものは、現在のところ

WordPress本サイト(8つのプラグイン)

趣味とWordPress実験サイト(9つ※03.のプラグイン)

※03. 9つ目が、今回お伝えする「Plugin Load Filter」日本発プラグインです。

Plugin Load Filter

「Plugin Load Filter」のインストール

plugin load filter
無頓着ではいられない
plugin load filter
無頓着であってはならない

 このプラグインは、有効化すると wp-content/mu-plugins フォルダに plf-filter.php ファイルを設置して必須プラグインとして動作します。

mu-pluginsフォルダやファイルを作成する権限がない場合には失敗する場合があります

plugin load filter
有効化後に行うこと

デフォルト(有効化後)では、全てのプラグインが全てのページで読み込まれます。

plugin load filter
ここにあなたのサイトに導入しているプラグインが一覧で表示されます。

「フィルタ登録」で動作を制限するかしないかを設定

  基本的な使い方は、「Page Type フィルタ」の設定のみで活用できます。

Page Type フィルタ」には三つの選択肢があります

Normal Mode:通常通りプラグインを有効化した時と同様の動作をする

  デフォルトでは、全てのプラグインが全てのページで有効になっています(上図)

Admin Page:管理画面にのみプラグインの効果が有効化される

Page Type:PageTypeで設定したフィルタ以外ではプラグインは無効化される

管理画面で使用するもの

管理者(Adimin)権限でしか使わないプラグインは以下の様にフィルタを設定します

✅ 管理画面でしか使わないヒートマップ プラグインに対して指定しています。

plugin load filter
あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、AdminPageのみで有効化する

フィルタ登録」をクリックしなければフィルタが有効になりません

plugin load filter
「フィルター登録」をクリックしなければフィルターが有効になりません

ページタイプ(PageType)別に設定

どのページでのみ有効化するか)

✅ 対象となるプラグイン(特定のページでのみの有効化でサイトの軽量化)

plugin load filter
個別設定の例「Normal Mode、Admin Page、Page Type」

コンタクトフォームの「Contact」PageType設定例

plugin load filter
コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する

投稿別に設定

(どの記事でのみ有効化するか)もありますが、ここでは省略します。

まとめ

site weight saving
特定のページでしか使わないプラグインは、特定ページ動作に限定する

 設定は、ちょっと面倒かも知れませんが、うまく設定することが出来れば、プラグインの読み込みを減らし、ページ表示の高速化に役立てます。

WordPressで丁度良いプラグインを選択することは、意外に難しいのです。

有名であるとか・人気があるプラグインであっても、よくよく調べてみると、

 ■機能が重複している(プラグインに頼らなくてもテーマの方で実装している)
 ■重い(重くなったと感じたら)
 ■脆弱性が含まれている(有名なプラグインでも過去に何度も脆弱性を指摘された)
 ■更新が止まっている(最終更新が1年以上前)
などということも多々あります。

 入れすぎるとサーバへの負荷も大きくなる上、管理も煩雑になります。
むやみにプラグインをインストールすることは避けて、必要な機能を持つプラグインのみに絞るということも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました