WordPressは、ブログサイト発祥のCMS(コンテンツ管理システム)であるが、今では多くの企業サイトの構築にも使われている

WordPressサイトを最新の安心・安全な状態に保つために

 ➡ 最新バージョン
 ➡ 過去のバージョン(ブランチ:系統別)と脆弱性・推移一覧

WordPressは、積極的に保守されているx.y系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。

x.y系統、はWordPress.orgが発表するものです。詳しくは、WordPress.orgサイトを参照願います。

WordPress

WordPress 5.8 Test環境への導入とTest投稿

WordPress 5.8 を導入するにあたりまずは、Test環境での導入とTest投稿を行い 大きな不具合等がなければ、本番環境にWordPress5.8を導入する手順でまずは、Test環境での第一弾投稿の結果をこのブログで報告...
2021.07.22
WordPress

WordPress 5.7.2 Security & Maintenance

2021/05/13 [深刻度: 緊急/重要]で WordPressのセキュリティ&メンテナンスの緊急リリースがありました。 1件の修正を含んだセキュリティリリース PHPMailer におけるオブジェクトインジェクション※。対象は、WordPress 3.7から5.7.1までの広範囲に渡ります。
2021.05.28
WordPress

WordPress 5.7.1 Security & Maintenance Release

2点のセキュリティ修正と26点のバグ修正を含んだセキュリティとメンテナンスのリリース。「WordPress 5.7」に対する問題「REST API」に対する問題「ブロックエディタ」の問題「クラッシック エディタ」の問題「テーマ」の問題、その他の問題が解決されました。
2021.04.16
WordPress

wordpress5.7 ブロックエディタの進化

動画 youtube で比較:WordPress5.7 新機能ドラッグ&ドロップで、直接 設置したい場所にブロックやブロックパターンを置ける様になった。 WordPress 5で実装されたブロックエディタは、期待外れでした。 元祖プロックエディタのconcrete5で作成したサイトと比較して散々でした。今回の 5.7はconcrete5とまではいかないまでも、漸く機能が充実してきた様です。
2021.05.28
version 5.7

WordPress 5.6.2 Maintenance updates

WordPress 5.6.2で、5つのバグが解消された。クラッシック・エディタ、投稿タイトル、投稿コンテンツの不具合解消、PHP 8.0の致命的エラー解消、ポップアップ時にイメージブロックから「クリック」ボタンが隠れる不具合を解消、バージョン5.6.1でフォントサイズが変更できない不具合を解消、ブロックインサーター内のブロックプレビューを復元
WordPress

WordPress 5.6.1 Maintenance updates Topics

ブロックエディタの20個のバグ修正,ブロックエディタの7つの問題修正,ブロックエディタの、これらのバグはWordPressバージョン5.6に影響する。この記事は5.5.3で書いています。WordPress 5.6は、Cocoon フォーラム でも、不具合が報告されていたことから、私のサイトのバージョンアップを止めていました。5.6.1 Maintenance で不具合が解消※されたことから、先ずは、テスト&趣味サイトを5.6.1にアップし、様子を見ながら、メインサイトも5.6.1にアップしようと思っています。専門用語が多いので、少しだけ補足します。
2021.05.17
WordPress-ワードプレス

WordPress 5.5.2 セキュリティとメンテナンス&5.5.3のリリース

WordPress5.5.3メンテナンス・リリース WorsPress 5.5.2のリリースから僅か1日で、5.5.3メンテナンス・リリース 1個のバグ対応 WordPress 5.5.2 セキュリティとメンテナンス リ...
2020.10.31
WordPress

WordPress5.5.1

メンテナンスとセキュリティのリリースWordPressコアの以下の問題について修正。 ※. 「エキサイト翻訳」で翻訳した内容を手直ししただけですので、間違った意味になっている可能性もございます。誤訳を発見された場合は、コメントでご指摘頂けると幸いです。m(__)m バージョン 5.5.1 では44個のバグを修正しました。 詳しくはリリースノートをご覧ください。
WordPress

WordPress 5.5

Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。
version 5.7

WordPress 脆弱性とバージョン推移

WordPress5.8 あなたのホームページがワードプレスで作られているのなら 何も対策をしていないと改ざんされたりと危険です。あなたのホームページに訪れるあなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちに不安を抱かれてしまいます。(あなたのホームページが何で作られているか?な人はお問い合わせください) WordPressは、積極的に保守されていますか? WordPress.orgでは、「積極的に保守されている5.n系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。」と公式に表明しています。以下に、WordPressの、脆弱性とバージョンの推移をお知らせします。
2021.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました