WordPressは、ブログサイト発祥のCMS(コンテンツ管理システム)であるが、今では多くの企業サイトの構築にも使われている

WordPressサイトを最新の安心・安全な状態に保つために

 ➡ 最新バージョン
 5.8.2, 5.7.4, 5.6.6, 5.5.7, 5.4.8, 5.3.10, 5.2.13, 2021/11/11

 ➡ WordPressバージョン(ブランチ:系統別)と脆弱性・推移一覧

WordPressは、積極的に保守されているx.y系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。

x.y系統、はWordPress.orgが発表するものです。詳しくは、WordPress.orgサイトを参照願います。

WordPress

WordPress最新 2022/09

WordPress最新セキュリティリリース WordPressの6.0branchと、それ以外のbranchの最新バージョンをお知らせします。以前は、「WordPressの脆弱性と更新履歴」の方に、追記する形にしていたのですが、 ...
WordPress

WordPress 6.0.2 セキュリティとメンテナンスのリリース

① 3 つのセキュリティ修正が行われました。 1-1. リンク API 内で可能なSQLインジェクションの問題 1-2. プラグイン画面でXSSの脆弱性 1-3. the_meta()内の出力エスケープの問題 ② Core で 12 のバグ修正 ③ ブロック エディタの 5 つのバグ修正
WordPress

WordPress 6.0.1 メンテナンス リーリース

コアの13件のバグ修正とブロックエディタのための18件のバグ修正を含んだショートサイクルのメンテナンスリリースです。 不具合解消を確認 WordPress 6.0 での不具合 ➡ 6.0.1で解消...
WordPress

WordPress 6.0 メジャーバージョン アップ

WordPress 6.0 では多種多様な改善が行われました。500以上の機能拡張と400以上の修正(バグフィックス)がされました。カバーブロックにアイキャッチ画像を反映可能になりました。カラムブロックを枠線で囲めるようになりました。 グループブロック内を簡単にレイアウト可能になりました。スタイルの保持:カスタムスタイルを保存します。ブロック間での変換や新規ボタンの作成にも対応しました。
WordPress

WordPress 5.9.3 メンテナンスリリース

コアに関する9つのバグ修正。ブロックエディタに関する10のバグ修正。ファイルシステムのAPI修正: ssh-rsaへの代案として、ssh-ed25519パブリックキーサインアルゴリズムを採用。テーマ(themes)に関する修正: ブロックテーマのインストールでライブ プレビュー リンクを非表示に設定。管理面(Administration)での修正: アクティブなテーマが「ブロックテーマ」の場合に、 「ウィジットメニュー」のために、メニュー・オーダーを指定できない様に
WordPress

WordPress 5.9.1 メンテナンスリリース 85件の修正

バージョン 5.9.1 では82個のバグを修正しました。 とありますが、5.9.1(RC1)には、Coreの33のバグ修正と、BlockEditorの52のバグ修正が含まれています。とありました。5.9.1を、カウントしてみたところ85件の修正がありました。
WordPress

WordPress 5.9 リリース フルサイト編集を搭載

サーバー要件 WordPress 5.9を動作させるためには、以下のサーバー要件を推奨。 PHP 7.4 以上MySQL 5.6 以上、またはMariaDB 10.1 以上Nginx あるいは Apache フルサイ...
WordPress

WordPress 5.8.3 Security Update

WordPress 5.8.3 セキュリティ アップデート 4つのセキュリティ問題が3.7から5.8までのWordPressバージョンに影響(日本時間1月7日 6:45)に、WordPress5.8.3が一般公開されました。 ...
WordPress

WordPress 5.8.1 セキュリティ&メンテナンスリリース

5.8.1セキュリティメンテナンス 2021/09/09 WordPress 5.8.1 セキュリテイ対策3件 +60件のバグに対処したリリース セキュリティに関する修正として、 「REST API」における情報漏洩の...
WordPress

WordPress 5.8 Test環境への導入とTest投稿

WordPress 5.8 を導入するにあたり、まずはTest環境での導入とTest投稿を行い、大きな不具合等がなければ、本番環境に WordPress5.8を導入する手順でTest環境での第一弾投稿の結果を報告したいと思います。第一弾のTest投稿は、パラグラフと新機能の画像にスタイルや色を追加した場合の結果報告です。最初に気付いたのは、異様に思える位の、Titleエリアのサイズです。WordPress5.7.2(この投稿)でのサイズと比べてみてください。(これはもう解消されています。)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました