WordPress

WordPress 5.7.2 Security & Maintenance

2021/05/13 [深刻度: 緊急/重要]で WordPressのセキュリティ&メンテナンスの緊急リリースがありました。 1件の修正を含んだセキュリティリリース PHPMailer におけるオブジェクトインジェクション※。対象は、WordPress 3.7から5.7.1までの広範囲に渡ります。
2021.05.28
WordPress

WordPress 5.7.1 Security & Maintenance Release

2点のセキュリティ修正と26点のバグ修正を含んだセキュリティとメンテナンスのリリース。「WordPress 5.7」に対する問題「REST API」に対する問題「ブロックエディタ」の問題「クラッシック エディタ」の問題「テーマ」の問題、その他の問題が解決されました。
2021.04.16
WordPress

wordpress5.7 ブロックエディタの進化

動画 youtube で比較:WordPress5.7 新機能ドラッグ&ドロップで、直接 設置したい場所にブロックやブロックパターンを置ける様になった。 WordPress 5で実装されたブロックエディタは、期待外れでした。 元祖プロックエディタのconcrete5で作成したサイトと比較して散々でした。今回の 5.7はconcrete5とまではいかないまでも、漸く機能が充実してきた様です。
2021.05.28
プラグイン

あなたにお薦めWordPressプラグイン#13アンチスパム

Invisible reCaptchaはスパムと思われるアクセスを侵入される前にブロック:スパムフィルタリング 電子メールで悩みの種となっているのが、迷惑メール、いわゆるスパムメールです。生産性の低下、通信コスト、リソースの消費などの損害があります。「アンチスパム」はスパムメール対策を目的としたものです。スパムは「スパムメール」の他、「スパムコメント」があります。ウェブサイトを運営していると、スパムコメントが投稿されることがあります。サイト運営でコメントはマーケティング上重要なものなのでコメント募集をするのです。Invisible reCaptchaはスパム対策に必須です。
2021.04.30
version 5.7

WordPress 5.6.2 Maintenance updates

WordPress 5.6.2で、5つのバグが解消された。クラッシック・エディタ、投稿タイトル、投稿コンテンツの不具合解消、PHP 8.0の致命的エラー解消、ポップアップ時にイメージブロックから「クリック」ボタンが隠れる不具合を解消、バージョン5.6.1でフォントサイズが変更できない不具合を解消、ブロックインサーター内のブロックプレビューを復元
WordPress

WordPress 5.6.1 Maintenance updates Topics

ブロックエディタの20個のバグ修正,ブロックエディタの7つの問題修正,ブロックエディタの、これらのバグはWordPressバージョン5.6に影響する。この記事は5.5.3で書いています。WordPress 5.6は、Cocoon フォーラム でも、不具合が報告されていたことから、私のサイトのバージョンアップを止めていました。5.6.1 Maintenance で不具合が解消※されたことから、先ずは、テスト&趣味サイトを5.6.1にアップし、様子を見ながら、メインサイトも5.6.1にアップしようと思っています。専門用語が多いので、少しだけ補足します。
2021.05.17
WordPress-ワードプレス

WordPress 5.5.2 セキュリティとメンテナンス&5.5.3のリリース

WordPress5.5.3メンテナンス・リリース WorsPress 5.5.2のリリースから僅か1日で、5.5.3メンテナンス・リリース 1個のバグ対応 WordPress 5.5.2 セキュリティとメンテナンス リ...
2020.10.31
WordPress

WordPress5.5.1

メンテナンスとセキュリティのリリースWordPressコアの以下の問題について修正。 ※. 「エキサイト翻訳」で翻訳した内容を手直ししただけですので、間違った意味になっている可能性もございます。誤訳を発見された場合は、コメントでご指摘頂けると幸いです。m(__)m バージョン 5.5.1 では44個のバグを修正しました。 詳しくはリリースノートをご覧ください。
WordPress

WordPress 5.5

Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。
ウェブサイトの軽量化

特定のページでしか使わないプラグインは、ページ動作を限定しパフォーマンス寄与

たとえば、コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。無頓着でいると、貴重な数ミリ秒を浪費してしまう。 全てのページで有効化しているのは大きな浪費✅ 塵も積もれば山となる。サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。
2021.04.12
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました