WordPress

WordPress5.5.1

メンテナンスとセキュリティのリリースWordPressコアの以下の問題について修正。 ※. 「エキサイト翻訳」で翻訳した内容を手直ししただけですので、間違った意味になっている可能性もございます。誤訳を発見された場合は、コメントでご指摘頂けると幸いです。m(__)m バージョン 5.5.1 では44個のバグを修正しました。 詳しくはリリースノートをご覧ください。
WordPress

WordPress 5.5

Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。
ウェブサイトの軽量化

必要なことは特定のページでしか使わないプラグインは、特定ページ動作に限定する

たとえば、コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。無頓着でいると、貴重な数ミリ秒を浪費してしまう。 全てのページで有効化しているのは大きな浪費✅ 塵も積もれば山となる。サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。
2020.09.29
サイト運営

WordPressあなたにオススメ プラグイン 2020/08

ワードプレスのウェブサイトにセキュリティ対策と運用・運営支援のためのプラグインを厳選! 必要なことは、セキュリティを保つこと、そしてサイトの軽量化です。WordPressのために開発されたプラグインは多種多様・玉石混交を極めるが、目的をもって必要最低限の採用(導入)をお薦めします。
2020.08.24
サイト運営

次世代フォーマットでの画像配信:目的はウェブサイトの利便性向上

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ➡目的は、ウェブサイトの利便性の向上。ウェブサイトの表示が、遅いと感じたときは、無償のグーグルのスピードテスト※01を試してみるのは如何でしょうか?ウェブサイトの表示遅延は、「致命的と言っていい程の問題です。」
2020.09.29
WebP次世代フォーマット

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ

次世代フォーマットでの画像配信:アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグイン目的はユーザビリティの向上。方法はサイトの応答時間を短縮させるに必要な画像の軽量化(最適化)すること手段は次世代フォーマットでの画像の配信が出来る(PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができる)プラグインを使うこと
2020.09.29
php7.3.14

phpは7.2から7.3へ、より安定的でより高速に

バージョンアップの目的は常に最新のバージョンに保つこととより安定したウェブサイト運用です7.2から7.3へのアップで案内通りの効果を体感できなかったとしても、そのことにあまり敏感になる必要はありません。あらゆるソフトウェアのアップデートは定石なのですから
2020.09.09
セキュリティplugin

警告!あなたのWordPressホームページが危ない理由

WordPressでホームページを作ると決めたときに必要なこと信頼できるホームページ制作会社に制作と保守を依頼すること「激安ホームページ」とか「格安ホームページ制作」などのキャッチフレーズを掲げているホームページ制作会社には依頼すべきではないと断言します。それらは、見栄えは良いかも知れないが結果的に「安かろう・悪かろう」で、あなたのホームページが終わってしまう
2020.09.09
.htaccess

リダイレクト(redirect転送).htaccess ドット・エイチ・ティ・アクセス

コンテンツの移行には、リダイレクト指定がとても大切なものになります。 検索利用者の利便性に配慮することです。このような対応の結果がウェブマーケティングにつながって行くのです。
2020.06.25
version 5.5

WordPress 脆弱性とバージョン推移

WordPress5.5.1 あなたのホームページがワードプレスで作られているのなら、 何も対策をしていないと、危険です。改ざんされたり、あなたのホームページに訪れるあなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちに不安を抱かれてしまいます。(あなたのホームページが何で作られているか?な人はお問い合わせください) WordPressは、積極的に保守されていますか? WordPress.orgでは、「積極的に保守されている5.n系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。」と公式に表明しています。以下に、WordPressの、脆弱性とバージョンの推移をお知らせします。
2020.09.24
タイトルとURLをコピーしました