セキュリティ

セキュリティ セキュリティ
記事内に広告が含まれています。

security:情報セキュリティコンピュータセキュリテイ

サイトの情報の機密性完全性可用性を維持するするために必要なこと

 ➡ 機密性 (confidentiality): 情報へのアクセスを認められた者だけが、その情報にアクセスできる状態を確保すること
 ➡ 完全性 (integrity): 情報が破壊、改ざん又は消去されていない状態を確保すること
 ➡ 可用性 (availability): 情報へのアクセスを認められた者が、必要時に中断することなく、情報及び関連資産にアクセスできる状態を確保すること
コンピュータセキュリティは、情報セキュリティの一部で、コンピュータシステムを災害、誤用および不正アクセスなどから守ること。ハードウェア、ソフトウェア、データ、ネットワークのいずれについてもその機密性、完全性、可用性を維持すること
出典:ウキペディア

WordPress

WordPress 5.8.1 セキュリティ&メンテナンスリリース

Security Update 5.8.1セキュリティメンテナンス 2021/09/09 WordPress 5.8.1 セキュリテイ対策3件 +60件のバグに対処したリリース セキュリティに関する修正として、 「REST API」における...
セキュリティ

あなたは、どこにいますか?捜索隊を出しましょうか?あなたのサイトが危ういんです。

あなたのサイトはセキュリティ対策も・管理者情報の隠匿も無く、ユーザ情報がダダモレ状態で取得されます。更に悪いことにログイン画面もそのまま公開されてます。捜索隊を出しましょうか?あなたは迷っていませんか?あなたのサイトは攻撃を受けやすいままです!
プラグイン

使っちゃいけないプラグイン 146本 [発見次第更新]使ってはいけないWordPress Plugin

サイト攻撃を受ける割合の6割近くがプラグイン。セキュリティの問題で停止されたもの。3年以上メンテナンスされていないもの。導入注意なもの。サイトやフォーラムで見かけた➡その数なんと146本を「使ってはいけないプラグイン」として上げます。 理由は、開発チームが解散し新たに脆弱性が見つかっても対応が困難と思われるから。これらのプラグインはwordpress.orgのサイトでも"このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。" と記載されてれています。
セキュリティ

phpは7から8へ、より安定的でより高速に

バージョンアップの目的は常に最新のバージョンに保つこととより安定したウェブサイト運用です。案内通りの効果を体感できなかったとしても、そのことにあまり敏感になる必要はありません。あらゆるソフトウェアのアップデートは定石なのですから
セキュリティ

実験で分かった事xxxプラグインは使ってはいけない

WordPress単体では実現が困難なこと(例えば、セキュリティの確保など)、WordPress用に有用な多くのプラグインが存在します。しかし一方では導入する為に気を付けなければならないことも多くあります。一番肝心なことは、目的だけを注力してプラグインを採用してはいけないことです。
.htaccess

あなたのWordPressサイトのセキュリティを高める

wordpress セキュリティ プラグイン WordPressサイトのセキュリティwp-config.phpファイルを外部からのアクセス不可に設定する方法。.htaccessファイルに記載して外部からのアクセスを禁止にする。具体的な記入例と記載後の検証結果の例をお伝えします。あなたにとっても大事なことです。
セキュリティ

あなたのホームページ安心安全ですか?あなた自身チェックしてますか?

ホームページを制作する時に使用するワードプレスやプラグインなどは最新で、制作後も最新の状態を確保できるか?ホームページを運用するサーバのウィルス対策は万全か?ユーザ情報やパスワードが管理者以外に知られない様になっているか?ユーザ情報やパスワード設定は適切に行われるか(行われているか)またその一覧は?どんな脅威に備えているか?例えばWordPressサイトが改ざんされて155万以上のサイトが改ざんされた事実を知っているか?またその時に採られた対策はなにか?
セキュリティ

WordPressセキュリティ対策:Tableのリネーム

WordPressをインストール後(デフォルト)では、全てのテーブルには「wp_」というプレフィックスが設定されています。 脆弱性対策の一環として「テーブル名」を特定されにくくし、データベースに対しての攻撃があった場合でも「テーブル名」が特定しずらく、攻撃者によって行われるSQLインジェクション※で、不正にテーブルが削除・変更されてしまうなどの予防にも役立ちます。
WordPress

WordPress 脆弱性とバージョン推移 v.6.5.3

WordPress6.5.3 あなたのホームページがワードプレスで作られていて 何も対策をしていないと改ざんされたり・危険です。ホームページに訪れてあなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちに不安を抱かれてしまいます。(あなたのホームページが何で作られているか?な人はお問い合わせください) WordPressは、積極的に保守されていますか? WordPress.orgでは、「積極的に保守されている5.n系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。」と公式に表明しています。以下に、WordPressの、脆弱性とバージョンの推移をお知らせします。
PR広告