セキュリティ

セキュリティ

あなたのWordPressセキュリティ対策にTableのリネーム

WordPressをインストール後(デフォルト)では、全てのテーブルには「wp_」というプレフィックスが設定されています。 脆弱性対策の一環として「テーブル名」を特定されにくくし、データベースに対しての攻撃があった場合でも「テーブル名」が特定しずらく、攻撃者によって行われるSQLインジェクション※で、不正にテーブルが削除・変更されてしまうなどの予防にも役立ちます。
2020.08.26
セキュリティplugin

あなたのホームページ危険です。管理者情報が丸見えです。

wordpress セキュリティ プラグイン管理者ユーザ情報が丸見え管理者ユーザ情報を隠す手段をお伝えします肝腎のセキュリティ対策の多くが未適用ですあなたのホームページ制作会社はこの事実を知らない事実。何も対策をしていない。これを対策する無料のプラグインXO Security簡単インストール & セットアップ
2020.09.09
version 5.7

WordPress 脆弱性とバージョン推移

WordPress5.8 あなたのホームページがワードプレスで作られているのなら 何も対策をしていないと改ざんされたりと危険です。あなたのホームページに訪れるあなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちに不安を抱かれてしまいます。(あなたのホームページが何で作られているか?な人はお問い合わせください) WordPressは、積極的に保守されていますか? WordPress.orgでは、「積極的に保守されている5.n系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。」と公式に表明しています。以下に、WordPressの、脆弱性とバージョンの推移をお知らせします。
2021.07.21
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました