プラグイン

バックアップお薦めプラグインUpdraftPlus

バックアッププラグインとしてのUpdraftPlusの優位性(データ復旧がワンタッチで簡単に行えること、など)UpdraftPlusのインストールから有効化&設定、実際のバックアップ操作および、バックアップの実態までの紹介。バックアップ・リストアに特化されていて(操作が簡単な)プラグインUpdraftPlusのご紹介あなたのWordPresサイトの運営の必要なこと
2021.09.12
WordPress

WordPress 5.8.1 セキュリティ&メンテナンスリリース

5.8.1セキュリティメンテナンス 2021/09/09 WordPress 5.8.1 セキュリテイ対策3件 +60件のバグに対処したリリース セキュリティに関する修正として、 「REST API」における情報漏洩の...
Windows 11

Windows 11 Build 22000.176 (Beta)

Windows 11 Update 米Microsoftは9月2日(現地時間)、新しい「Windows 11 Insider Preview」ビルドを公開 「Windows 11 Insider Preview」Build2...
Windows 11

10/5 提供開始 Windows 11 動作確認PC 正常性チェック

このツールは現時点で利用しているパソコンが、Windows 11のシステム要件を満たしているかをチェックするもので、 Windows 11が発表された時点で公開されていたが、機能が充分でなかったシステム要件が不適格と判定され他時点ても理由が明かされない)などで、ユーザの不満を招き、一時撤回をしていた。今回新たにWindows 11の最小システム要件に一部変更を加え、Windows Insider向けにツールも更新されて発表された。尚、4GBメモリ、64GBストレージ、UEFI/セキュアブート、TPM 2.0といった、CPU以外の要件については変わっていない。
2021.09.08
Windows 11

Windows 11 Build 22000.160 新機能

Build 22000.160 Windows Update から 米Microsoftが8月19日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview」Build22000.160を「Windo...
Windows 11

Windows 11 Build 22000.120  Insider Preview

Windows11 Update様々な修正・更新が行われたようです。私的には!?理由は、電源offの問題が解決されていないこと修正・更新された機能がいまいちピンとこない(使っていない機能)既知の問題に電源offの問題が上がってこない(報告をしているのに、優先度が低い?それとも個別の問題?報告が届いていない?報告が少ない(他の人からの報告が無い???))修正・更新された機能については再現・確認してみたいと思います。ただ、私としては利用していない(利用シーンを想定していなかった)からUpdate前のキャプチャを撮っていないため、このブログを見て下さっている方はUpdate後のキャプチャを見て戴いて判断ください。
Windows 11

Windows11 build 22000.100

今回のビルドは、新しい追加機能は無く タスクバーアイコンのアラートモデルを改善しています。ファイル転送にアクションが必要な場合、エクスプローラーはタスクバーで自動的に点滅を開始します。 と、あったが私の環境では確認できていませ...
2021.08.16
WordPress

WordPress 5.8 Test環境への導入とTest投稿

WordPress 5.8 を導入するにあたり、まずはTest環境での導入とTest投稿を行い、大きな不具合等がなければ、本番環境に WordPress5.8を導入する手順でTest環境での第一弾投稿の結果を報告したいと思います。第一弾のTest投稿は、パラグラフと新機能の画像にスタイルや色を追加した場合の結果報告です。最初に気付いたのは、異様に思える位の、Titleエリアのサイズです。WordPress5.7.2(この投稿)でのサイズと比べてみてください。(これはもう解消されています。)
2021.08.18
Windows 11

Windows 11 Pro build 22000.71の新機能

主な新機能「エンターテインメント」ウィジェットの導入アクリル(ぼかし)効果の追加その他の改善点•スタートがある場合、タスクバーの左側により多くのスペースが残るようになりました•ファイルエクスプローラー用の新しいSplitButtonに取り組んでいます。これは、リボンメニューに代わる新しいコマンドバーから直接新しいフォルダとファイルを作成するために使用。•タスクバーのタスクビューアイコンにカーソルを合わせるとExplorer.exeがクラッシュする可能性がある問題を修正•設定アプリのボリュームミキサーの応答性が向上。•コマンドバーボタンを2回クリックして、開いているドロップダウンメニューを閉じることができる。•アプリアイコンを長押しすると、ジャンプリストが開きます。この機能は、古いビルドでは壊れていました。同様に、Shift +右クリックすると、ジャンプリストではなくプレビューウィンドウが表示されます。また、「2021-07 .NET Framework3.5および4.8のWindows11 for x64の累積的な更新(KB5004316)」と一緒に展開されます。
2021.07.19
Windows 11

5年前のパソコンでもWindows11は動くのか?

あなたは、Windows 11が発売されたら、新しいパソコンを買いますか?今回はマイクロソフトが6/24に発表したWindows11の正式発売前のInsider Preview 版(いち早く新しい機能やユーザインターフェースを試せる)を使って、5年前(Intel 7世代CPU:正式発売時に)ものを使って、インストール要件の確認からインストール、実際のアプリの動作(10種類以上)、導入後の経過をチェックしながら詳細に記録していきます。
2021.09.22
Windows 11

Windows 11 Build 22000.176 (Beta)

Windows 11 Update 米Microsoftは9月2日(現地時間)、新しい「Windows 11 Insider Preview」ビルドを公開 「Windows 11 Insider Preview」Build2...
Windows 11

10/5 提供開始 Windows 11 動作確認PC 正常性チェック

このツールは現時点で利用しているパソコンが、Windows 11のシステム要件を満たしているかをチェックするもので、 Windows 11が発表された時点で公開されていたが、機能が充分でなかったシステム要件が不適格と判定され他時点ても理由が明かされない)などで、ユーザの不満を招き、一時撤回をしていた。今回新たにWindows 11の最小システム要件に一部変更を加え、Windows Insider向けにツールも更新されて発表された。尚、4GBメモリ、64GBストレージ、UEFI/セキュアブート、TPM 2.0といった、CPU以外の要件については変わっていない。
2021.09.08
Windows 11

Windows 11 Build 22000.160 新機能

Build 22000.160 Windows Update から 米Microsoftが8月19日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview」Build22000.160を「Windo...
Windows 11

Windows 11 Build 22000.120  Insider Preview

Windows11 Update様々な修正・更新が行われたようです。私的には!?理由は、電源offの問題が解決されていないこと修正・更新された機能がいまいちピンとこない(使っていない機能)既知の問題に電源offの問題が上がってこない(報告をしているのに、優先度が低い?それとも個別の問題?報告が届いていない?報告が少ない(他の人からの報告が無い???))修正・更新された機能については再現・確認してみたいと思います。ただ、私としては利用していない(利用シーンを想定していなかった)からUpdate前のキャプチャを撮っていないため、このブログを見て下さっている方はUpdate後のキャプチャを見て戴いて判断ください。
Windows 11

Windows11 build 22000.100

今回のビルドは、新しい追加機能は無く タスクバーアイコンのアラートモデルを改善しています。ファイル転送にアクションが必要な場合、エクスプローラーはタスクバーで自動的に点滅を開始します。 と、あったが私の環境では確認できていませ...
2021.08.16
Windows 11

Windows 11 Pro build 22000.71の新機能

主な新機能「エンターテインメント」ウィジェットの導入アクリル(ぼかし)効果の追加その他の改善点•スタートがある場合、タスクバーの左側により多くのスペースが残るようになりました•ファイルエクスプローラー用の新しいSplitButtonに取り組んでいます。これは、リボンメニューに代わる新しいコマンドバーから直接新しいフォルダとファイルを作成するために使用。•タスクバーのタスクビューアイコンにカーソルを合わせるとExplorer.exeがクラッシュする可能性がある問題を修正•設定アプリのボリュームミキサーの応答性が向上。•コマンドバーボタンを2回クリックして、開いているドロップダウンメニューを閉じることができる。•アプリアイコンを長押しすると、ジャンプリストが開きます。この機能は、古いビルドでは壊れていました。同様に、Shift +右クリックすると、ジャンプリストではなくプレビューウィンドウが表示されます。また、「2021-07 .NET Framework3.5および4.8のWindows11 for x64の累積的な更新(KB5004316)」と一緒に展開されます。
2021.07.19
Windows 11

5年前のパソコンでもWindows11は動くのか?

あなたは、Windows 11が発売されたら、新しいパソコンを買いますか?今回はマイクロソフトが6/24に発表したWindows11の正式発売前のInsider Preview 版(いち早く新しい機能やユーザインターフェースを試せる)を使って、5年前(Intel 7世代CPU:正式発売時に)ものを使って、インストール要件の確認からインストール、実際のアプリの動作(10種類以上)、導入後の経過をチェックしながら詳細に記録していきます。
2021.09.22
ツールボックス

ウェブサイトは道具・道具としてのウェブサイトを作る

ページのどこにいても、どのページにいても、スマホからタップでスグに電話できる。「ホームページが欲しい人は、ほかにいませんか?」ライバルを表示しないGoogleマップが欲しい人は、ほかにいませんか?
2021.08.16
トラックボール

解消!腱鞘炎!!ERGOがやってきた(MX ERGOへの道のり)

けんしょうえん:腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気です。腱鞘炎の解消!これが最大の魅力(個人的な感覚です)MX ERGO通常のマウス使用時と比べ、筋活動量が減少することで快適性を維持。さらに傾斜角を20°に調節可能、より自然に近い手のポジションで筋疲労を軽減。人の手によって成形された形状が手のひら全体と指をサポート。⻑時間作業で肩や手首、腕などに肉体的負担を感じる方、狭いデスクの上でも自由自在にパソコンをコントロールしたい方、デスクだけでなくソファーや膝の上など場所を選ばず使用する方にも最適な製品です。
2020.09.09
マルチモニタ・ディスプレイ

テレワークにオススメのディスプレイ:マルチモニタで効率アップ

どんな道具でもそうですが予算、使用環境あなたにとって使いやすいかどうかです。一番はデモ環境があるとか実際に触ることができるお店で確認することが大事ですが、コロナ禍の現在、お店に行き辛いことデモ環境でも触ること自体も危ぶまれます。Amazonでの買い物の良い点としては、量販店より安く買えることと、直接店舗に出向くわけではないのでコロナ禍の心配も少なくて済みます。
2021.08.30
プラグイン

バックアップお薦めプラグインUpdraftPlus

バックアッププラグインとしてのUpdraftPlusの優位性(データ復旧がワンタッチで簡単に行えること、など)UpdraftPlusのインストールから有効化&設定、実際のバックアップ操作および、バックアップの実態までの紹介。バックアップ・リストアに特化されていて(操作が簡単な)プラグインUpdraftPlusのご紹介あなたのWordPresサイトの運営の必要なこと
2021.09.12
プラグイン

あなたにお薦めWordPressプラグイン#13アンチスパム

Invisible reCaptchaはスパムと思われるアクセスを侵入される前にブロック:スパムフィルタリング 電子メールで悩みの種となっているのが、迷惑メール、いわゆるスパムメールです。生産性の低下、通信コスト、リソースの消費などの損害があります。「アンチスパム」はスパムメール対策を目的としたものです。スパムは「スパムメール」の他、「スパムコメント」があります。ウェブサイトを運営していると、スパムコメントが投稿されることがあります。サイト運営でコメントはマーケティング上重要なものなのでコメント募集をするのです。Invisible reCaptchaはスパム対策に必須です。
2021.09.10
プラグイン

WordPressで使っちゃいけないプラグイン

今回は、3年以上メンテナンスされていないプラグイン で、他のWordPressサイトで見かけた、いくつかのプラグインを「使っちゃいけないプラグイン※」として上げてみたいと思います。 ※01. 理由は、メンテナンスされていないものは、既に開発チームが解散して、新たに脆弱性が見つかっても対応が困難と思われるからです。 これらのプラグインは、wordpress.orgのサイトでも、"このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。" と記載されてれています。
2021.08.30
ウェブサイトの軽量化

特定のページでしか使わないプラグインは、ページ動作を限定しパフォーマンス寄与

たとえば、コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。無頓着でいると、貴重な数ミリ秒を浪費してしまう。 全てのページで有効化しているのは大きな浪費✅ 塵も積もれば山となる。サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。
2021.04.12
WebP次世代フォーマット

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ

次世代フォーマットでの画像配信:アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグイン目的はユーザビリティの向上。方法はサイトの応答時間を短縮させるに必要な画像の軽量化(最適化)すること手段は次世代フォーマットでの画像の配信が出来る(PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができる)プラグインを使うこと
2021.06.23
Plugin-プラグイン

実験で分かった事xxxプラグインは使ってはいけない

WordPress単体では実現が困難なこと(例えば、セキュリティの確保など)、WordPress用に有用な多くのプラグインが存在します。しかし一方では導入する為に気を付けなければならないことも多くあります。一番肝心なことは、目的だけを注力してプラグインを採用してはいけないことです。
2021.03.28
セキュリティplugin

警告!あなたのWordPressホームページが危ない理由

WordPressでホームページを作ると決めたときに必要なこと信頼できるホームページ制作会社に制作と保守を依頼すること「激安ホームページ」とか「格安ホームページ制作」などのキャッチフレーズを掲げているホームページ制作会社には依頼すべきではないと断言します。それらは、見栄えは良いかも知れないが結果的に「安かろう・悪かろう」で、あなたのホームページが終わってしまう
2020.09.09
セキュリティplugin

あなたのホームページ危険です。管理者情報が丸見えです。

wordpress セキュリティ プラグイン管理者ユーザ情報が丸見え管理者ユーザ情報を隠す手段をお伝えします肝腎のセキュリティ対策の多くが未適用ですあなたのホームページ制作会社はこの事実を知らない事実。何も対策をしていない。これを対策する無料のプラグインXO Security簡単インストール & セットアップ
2020.09.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました