Click Cube Icon !!!

 Webサイトに必要なこと道具

Top2

Next」 Page

転している
 Cube面のアイコン文字
 クリックできます。

Windows 11

Windows 11 Update月例 KB5034765 2024/02/14

Version:OS Builds 22621.3155 and 22631.3155 新機能! Copilot in Windows アイコンがタスクバーのシステムトレイの右側に表示されるようになりました。但し、この表示位置変更は段階的に...
WordPress

WordPress 6.4.3 security and maintenance release

バージョン 6.4.3 はいくつかのセキュリティ問題への対応と21個のバグを修正 このセキュリティおよびメンテナンス リリースには、 コアに関する 5 つのバグ修正、 ブロック エディターに関する 16個のバグ修正、 および 2 つのセキュ...
css :デザイン

HTMLとCSSだけで作る動く3Dデザイン ➡ Copyできます。

XY軸の値を求める為に、三角関数:sin , cos を使っています。x軸=cos(角度*距離)、y軸=sin(角度*距離) 角度は0~360で変化します。円の面積を求め定数(30)で割って動く3Dの表示範囲を可変にしています(面積内でねじれ表示)グリッドデザイン:コンテナ(display:grid)を利用しています。見出しと概説はコンテナ内の最初に記述しています。見出しの前後に表示(部分透過)されることで3D表示がおわかり戴けると思います。
生成AI

生成AIは、前提条件を無視する Copilotにも聞いてみた

最新世代でと指定したが、最高構成でとは言っていない。回答は、指定費用の3倍で、流用指定の部品は確かに価格構成には含まれていないが、流用できる必要機能が構成部品に無い。これでは単に構成部品を並べただけの回答だ。Copilotは嘘をついていないが、前提条件を一切無視・2度問い合わせても答えは....
生成AI

生成AIは嘘をつく!? Bardにジックリ聞いてみた結果

1回の質問で同時に3つの回答の間に矛盾と問題があります。問題1は、それぞれの回答間における矛盾チェックをしていないことです。少なくとも同時回答なら矛盾チェックは必要かと思います。そして、最も大きな問題(回答2)は、大きな嘘が、もちろん、AIが悪意を持ってうそをついたのではないということですが、使う側と、提供する側の課題があります。人がコントロールしている(AIは意識・意志を持っていない)限りそんなことか起こるのは限られた部分のハズです。だから、AIも使い方次第となると思います。(責任は生み出す側の人間にあります。)全ては人間側の責任です。
Windows 11

Windows 11 Update月例 Build 22631.3007 – KB5034123

セキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。この更新プログラムを適用することで脆弱性が修正されます。プログラムのハイライト● Windowsの脆弱性を修正● リモート環境においてスマートカードで認証すると、PCが60秒後にシャット...
Windows 11

windows 11 2024 Update スケジュール

主にセキュリティ関係で2024年に(月例)行われる予定アップデート日付(スケジュール)をお知らせします。 2024年  Windows Security Update 2024Scheduleセキュリティ更新プログラム公開予定日   (最終...
生成AI

Bardに組んでもらった15万円以内ゲーミングPC

予算15万円以内で最新のゲーミングPCを作ってください。 CPUは、IntelとAMDのもので比較できる様にお願いします。 パーツの型番はリスト化して、できれば概算価格も含めてください。 それぞれの「お勧めポイント」も教えてください。 Go...
Windows 11

Windows 11 KB5033375 Build 22631.2861 月例セキュリティ更新プログラム

2023-12 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 23H2(22H2) の累積更新プログラム (KB5033375) 今年最後の「Windows Update」、CVE番号ベースで33件の脆弱性へ新たに対処。...
生成AI

Bardは、Copilotより優秀か?.jsの推奨化を聞いてみた

Bardは、Copilotより優秀?非推奨となった.jsのコーディングをGoogle Bardに推奨化を依頼最近、Copilot(BingのCopilot、Windows in Copilotでも)質問に対して回答が動作しない(ほぼフリーズ...
Windows 11

Windows 11 Update月例 KB5034765 2024/02/14

Version:OS Builds 22621.3155 and 22631.3155 新機能! Copilot in Windows アイコンがタスクバーのシステムトレイの右側に表示されるようになりました。但し、この表示位置変更は段階的に...
生成AI

生成AIは、前提条件を無視する Copilotにも聞いてみた

最新世代でと指定したが、最高構成でとは言っていない。回答は、指定費用の3倍で、流用指定の部品は確かに価格構成には含まれていないが、流用できる必要機能が構成部品に無い。これでは単に構成部品を並べただけの回答だ。Copilotは嘘をついていないが、前提条件を一切無視・2度問い合わせても答えは....
生成AI

生成AIは嘘をつく!? Bardにジックリ聞いてみた結果

1回の質問で同時に3つの回答の間に矛盾と問題があります。問題1は、それぞれの回答間における矛盾チェックをしていないことです。少なくとも同時回答なら矛盾チェックは必要かと思います。そして、最も大きな問題(回答2)は、大きな嘘が、もちろん、AIが悪意を持ってうそをついたのではないということですが、使う側と、提供する側の課題があります。人がコントロールしている(AIは意識・意志を持っていない)限りそんなことか起こるのは限られた部分のハズです。だから、AIも使い方次第となると思います。(責任は生み出す側の人間にあります。)全ては人間側の責任です。
Windows 11

Windows 11 Update月例 Build 22631.3007 – KB5034123

セキュリティアップデートを含む累積更新プログラムです。この更新プログラムを適用することで脆弱性が修正されます。プログラムのハイライト● Windowsの脆弱性を修正● リモート環境においてスマートカードで認証すると、PCが60秒後にシャット...
Windows 11

windows 11 2024 Update スケジュール

主にセキュリティ関係で2024年に(月例)行われる予定アップデート日付(スケジュール)をお知らせします。 2024年  Windows Security Update 2024Scheduleセキュリティ更新プログラム公開予定日   (最終...
生成AI

Bardに組んでもらった15万円以内ゲーミングPC

予算15万円以内で最新のゲーミングPCを作ってください。 CPUは、IntelとAMDのもので比較できる様にお願いします。 パーツの型番はリスト化して、できれば概算価格も含めてください。 それぞれの「お勧めポイント」も教えてください。 Go...
Windows 11

Windows 11 KB5033375 Build 22631.2861 月例セキュリティ更新プログラム

2023-12 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 23H2(22H2) の累積更新プログラム (KB5033375) 今年最後の「Windows Update」、CVE番号ベースで33件の脆弱性へ新たに対処。...
生成AI

Bardは、Copilotより優秀か?.jsの推奨化を聞いてみた

Bardは、Copilotより優秀?非推奨となった.jsのコーディングをGoogle Bardに推奨化を依頼最近、Copilot(BingのCopilot、Windows in Copilotでも)質問に対して回答が動作しない(ほぼフリーズ...
生成AI

BingGPTが機能しないCopilot in Windowsとコンフリクト(競合・対立)か?

BingGPTで使えていた「作成」機能は、今のところEdgeのCopilotの「作成」機能で代用しているが、 そもそもBingGPTの「作成」とEdgeのCopilotの「作成」が同等のものかは不明。Copilot(PRE)に聞いてみた。再起動、アップデート、再インストール、Windows Updateの確認をしてみた。
Windows 11

Windows 11 Update月例 Build 22631.2715(23H2) – KB5032190

Security Update(ゼロデイを含む78件の脆弱性に対処)と、AI機能「Copilot in Windows」などの展開を拡大 すでに攻撃手法が明らかにされている脆弱性や悪用が確認されている脆弱性は以下、深刻度評価は、「Impor...
サイト運営

バックアップお薦めプラグインUpdraftPlus

バックアッププラグインとしてのUpdraftPlusの優位性(データ復旧がワンタッチで簡単に行えること、など)UpdraftPlusのインストールから有効化&設定、実際のバックアップ操作および、バックアップの実態までの紹介。バックアップ・リストアに特化されていて(操作が簡単な)プラグインUpdraftPlusのご紹介あなたのWordPresサイトの運営の必要なこと
プラグイン

あなたにお薦めWordPressプラグイン#13アンチスパム

最新バージョンに対応した 他の”reCaptchaプラグイン”もご覧いただけます。Invisible reCaptchaはスパムと思われるアクセスを侵入される前にブロック:スパムフィルタリング 電子メールで悩みの種となっているのが、迷惑メール、いわゆるスパムメールです。生産性の低下、通信コスト、リソースの消費などの損害があります。「アンチスパム」はスパムメール対策を目的としたものです。スパムは「スパムメール」の他、「スパムコメント」があります。ウェブサイトを運営していると、スパムコメントが投稿されることがあります。サイト運営でコメントはマーケティング上重要なものなのでコメント募集をするのです。Invisible reCaptchaはスパム対策に必須です。
プラグイン

使っちゃいけないプラグイン 141本 [発見次第更新]使ってはいけないWordPress Plugin

サイト攻撃を受ける割合の6割近くがプラグイン。セキュリティの問題で停止されたもの。3年以上メンテナンスされていないもの。導入注意なもの。サイトやフォーラムで見かけた➡その数なんと141本を「使ってはいけないプラグイン」として上げます。 理由は、開発チームが解散し新たに脆弱性が見つかっても対応が困難と思われるから。これらのプラグインはwordpress.orgのサイトでも"このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。" と記載されてれています。
ウェブサイトの軽量化

特定のページでしか使わない機能は、プラグイン読み込みを限定することで、サイト・ページパフォーマンス向上に寄与

たとえば、コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。無頓着でいると、貴重な数秒を浪費してしまう。全てのページで有効化しているのは大きな浪費✅ 塵も積もれば山となる。サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。
.htaccess

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ

次世代フォーマットでの画像配信:アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグイン目的はユーザビリティの向上。方法はサイトの応答時間を短縮させるに必要な画像の軽量化(最適化)すること手段は次世代フォーマットでの画像の配信が出来る(PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができる)プラグインを使うこと
セキュリティ

実験で分かった事xxxプラグインは使ってはいけない

WordPress単体では実現が困難なこと(例えば、セキュリティの確保など)、WordPress用に有用な多くのプラグインが存在します。しかし一方では導入する為に気を付けなければならないことも多くあります。一番肝心なことは、目的だけを注力してプラグインを採用してはいけないことです。
サイト運営

警告!あなたのWordPressホームページが危ない理由

WordPressでホームページを作ると決めたときに必要なこと信頼できるホームページ制作会社に制作と保守を依頼すること「激安ホームページ」とか「格安ホームページ制作」などのキャッチフレーズを掲げているホームページ制作会社には依頼すべきではないと断言します。それらは、見栄えは良いかも知れないが結果的に「安かろう・悪かろう」で、あなたのホームページが終わってしまう
サイト運営

あなたのホームページ危険です。管理者情報が丸見えです。

wordpress セキュリティ プラグイン管理者ユーザ情報が丸見え管理者ユーザ情報を隠す手段をお伝えします肝腎のセキュリティ対策の多くが未適用ですあなたのホームページ制作会社はこの事実を知らない事実。何も対策をしていない。これを対策する無料のプラグインXO Security簡単インストール & セットアップ
PR広告