wordpress

WordPress5.5 Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。

WordPress

WordPress 6.0 メジャーバージョン アップ

WordPress 6.0 では多種多様な改善が行われました。500以上の機能拡張と400以上の修正(バグフィックス)がされました。カバーブロックにアイキャッチ画像を反映可能になりました。カラムブロックを枠線で囲めるようになりました。 グループブロック内を簡単にレイアウト可能になりました。スタイルの保持:カスタムスタイルを保存します。ブロック間での変換や新規ボタンの作成にも対応しました。
2022.05.26
WordPress

WordPress 5.9.3 メンテナンスリリース

コアに関する9つのバグ修正。ブロックエディタに関する10のバグ修正。ファイルシステムのAPI修正: ssh-rsaへの代案として、ssh-ed25519パブリックキーサインアルゴリズムを採用。テーマ(themes)に関する修正: ブロックテーマのインストールでライブ プレビュー リンクを非表示に設定。管理面(Administration)での修正: アクティブなテーマが「ブロックテーマ」の場合に、 「ウィジットメニュー」のために、メニュー・オーダーを指定できない様に
WordPress

WordPress 5.9.1 メンテナンスリリース 85件の修正

バージョン 5.9.1 では82個のバグを修正しました。 とありますが、5.9.1(RC1)には、Coreの33のバグ修正と、BlockEditorの52のバグ修正が含まれています。とありました。5.9.1を、カウントしてみたところ85件の修正がありました。
2022.03.24
デザイン

デザイン 3D Cube メニュー cssとHTMLだけでつくる

cssとHTMLだけでデザインする3Dキューブ メニュー回転するCube面のアイコンとテキストはクリックできます。アイコンは、FontAwesomeを利用し、Linkはサイト内のページまたは、別サイトのページにクリック(タップ)でジャン...
2022.02.02
WordPress

WordPress 5.9 リリース フルサイト編集を搭載

サーバー要件 WordPress 5.9を動作させるためには、以下のサーバー要件を推奨。 PHP 7.4 以上MySQL 5.6 以上、またはMariaDB 10.1 以上Nginx あるいは Apache フルサイ...
WordPress

WordPress 5.8.3 Security Update

WordPress 5.8.3 セキュリティ アップデート 4つのセキュリティ問題が3.7から5.8までのWordPressバージョンに影響(日本時間1月7日 6:45)に、WordPress5.8.3が一般公開されました。 ...
2022.01.18
WordPress

wordpress5.7 ブロックエディタの進化

動画 youtube で比較:WordPress5.7 新機能ドラッグ&ドロップで、直接 設置したい場所にブロックやブロックパターンを置ける様になった。 WordPress 5で実装されたブロックエディタは、期待外れでした。 元祖プロックエディタのconcrete5で作成したサイトと比較して散々でした。今回の 5.7はconcrete5とまではいかないまでも、漸く機能が充実してきた様です。
2021.07.29
WordPress

WordPress 5.6.2 Maintenance updates

WordPress 5.6.2で、5つのバグが解消された。クラッシック・エディタ、投稿タイトル、投稿コンテンツの不具合解消、PHP 8.0の致命的エラー解消、ポップアップ時にイメージブロックから「クリック」ボタンが隠れる不具合を解消、バージョン5.6.1でフォントサイズが変更できない不具合を解消、ブロックインサーター内のブロックプレビューを復元
2021.07.29
WordPress

WordPress 5.5

Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。
2021.07.29
セキュリティplugin

警告!あなたのWordPressホームページが危ない理由

WordPressでホームページを作ると決めたときに必要なこと信頼できるホームページ制作会社に制作と保守を依頼すること「激安ホームページ」とか「格安ホームページ制作」などのキャッチフレーズを掲げているホームページ制作会社には依頼すべきではないと断言します。それらは、見栄えは良いかも知れないが結果的に「安かろう・悪かろう」で、あなたのホームページが終わってしまう
2022.06.22
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました