wordpress

WordPress5.5 Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。

WordPress

wordpress5.7 ブロックエディタの進化

動画 youtube で比較:WordPress5.7 新機能ドラッグ&ドロップで、直接 設置したい場所にブロックやブロックパターンを置ける様になった。 WordPress 5で実装されたブロックエディタは、期待外れでした。 元祖プロックエディタのconcrete5で作成したサイトと比較して散々でした。今回の 5.7はconcrete5とまではいかないまでも、漸く機能が充実してきた様です。
2021.07.29
version

WordPress 5.6.2 Maintenance updates

WordPress 5.6.2で、5つのバグが解消された。クラッシック・エディタ、投稿タイトル、投稿コンテンツの不具合解消、PHP 8.0の致命的エラー解消、ポップアップ時にイメージブロックから「クリック」ボタンが隠れる不具合を解消、バージョン5.6.1でフォントサイズが変更できない不具合を解消、ブロックインサーター内のブロックプレビューを復元
2021.07.29
WordPress

WordPress 5.5

Lazy Loading(遅延読込)画面をスクロールするまで見えてない画像などが必要になるまで、読み込みを遅延させることで、無駄な読み込みを抑え、表示(動作)が遅くなるのを防ぎます。ブロックを1つだけ使用するのではなく、いくつものブロックを組み合わせて使用する為に、簡単にブロックを組み合わせたデザイン・レイアウトを1クリックで利用できるブロックパターンが用意され。公開ページ確認用以外で、 作業用の画面サイズ:「デスクトップ」(デフォルト)「タブレット」(780px)「モバイル」(360px)を選択できるようになりました。
2021.07.29
セキュリティplugin

警告!あなたのWordPressホームページが危ない理由

WordPressでホームページを作ると決めたときに必要なこと信頼できるホームページ制作会社に制作と保守を依頼すること「激安ホームページ」とか「格安ホームページ制作」などのキャッチフレーズを掲げているホームページ制作会社には依頼すべきではないと断言します。それらは、見栄えは良いかも知れないが結果的に「安かろう・悪かろう」で、あなたのホームページが終わってしまう
2020.09.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました