Windows Update ➡ Copilot起動 22H2

Windows11Windows 11
Windows Update Copilot 22H2
記事内に広告が含まれています。

緊急


更新プログラムKB5030310は、どうも見送った方が良さそうです。

自分の場合は、1台のPCを更新してしまった結果、

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

エクスプローラー、Edge,Chrome,Firefox,SublimeText等の起動起動後の挙動不都合が発生しています。

 ☒ アイコンのクリックで起動しない
 ☒ 「Windows」+「C」でCopilotが起動しない
 ☒ 起動しても、更新プログラム適用前に比べ、明らかに遅い。
 ☒ 起動後にフリーズ・応答がなくなる(上記の殆どのアプリで)など、PCをシャットダウンして再起動後もこれらの現象が何度もみられます。

.タスクバーをクリックすることで、
   フリーズが解消したり、アプリの起動が可能なのですが、・・・
ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・

Windows Updateで案内されても「プレビュー」の場合は、更新を見送った方が良さそうです。
    ➡Windows Updateの画面では「プレビュー」と分かりませんが、MicrosoftのKB5030310ページで確認したら ➡ (2023 年9月26 日 — KB5030310 (OS ビルド 22621.2361) プレビュー)でした。

このことから、WindowsUpdateが来たら、事前にMicrosoftのページで確認した方が良い様です。

プレビュー版の更新プログラムは、通常の更新プログラムより不具合が発生しやすいものだとの事だそうです。)

「KB5030310」は、[スタート] > [設定] > [Windows Update] > [更新履歴] > [更新プログラムをアンインストールする]から「KB5030310」をアンイントールしました。)が・・・

Windows 11
KB5030310 UnInstall

アンインストール後、再起動をかけてみた結果。KB5030310適用以前には戻らない状態(例えば、エクスプローラーは起動できるが、エクスプローラー画面の右側には何も表示されない状態が、何度も繰り返される状態)でしたので、結局再度KB5030310を当て直しました。不具合が生じる状態への対応(がなされるであろう期待)は、次のパッチ(23/10/11の月例更新)を待ちたいと思います。

期待したUpdateは、23H2ではなく、22H2でした。でも22H2で「Windows」キー+「C」キーでCopilotの起動が出来ました。
更新後に少しだけCopilotの「設定」が必要です。尚Updateに要する時間はいつもより長く20分程度です。

Update

Windows11
22H2 KB5030310

Update結果

Windows11
22H2 Build 22621.2361

あれ!?
23H2でなく、22H2だ???

試しに、「Windows」キー+「C」キーが効くか・・・

Windows Copilot
Windows11
Windows Update Copilot 22H2

上の画像は、「Windows」キー+「C」キー直後のものではありません。
(直後の画像キャプチャを忘れた為、実際にCopilotに質問しているときの画像です。)

PR広告

早速「Copilot」に聞いてみた

Windows 11
Copilot preview

更新案内では22H2でしたが、更新後にWindowsキー+cキーでCopilotの起動が出来ました。
ということはこのバージョンは23H2ですか?

「Copilot」の回答

長文で縦長なので、以下にコピペしました。

「こんにちは、こちらはBingです。😊

ご質問の件ですが、Windows 11の最新の更新プログラムはバージョン22H2であり、Windows 11 2022 Updateとも呼ばれます1。この更新プログラムは9月26日に提供が開始されました2。

しかし、一部のデバイスでは、バージョン22H2と共にバージョン23H2の新機能が無効化された状態で自動でインストールされる場合があります2。この場合、有効化パッケージと呼ばれる小さなパッチを適用するだけで、バージョン23H2にアップデートできます2。

おそらく、お使いのデバイスはこのようなケースに該当するのだと思います。そのため、Copilotの起動が可能になっているのです。Copilotはバージョン23H2でプレビューとして実装されたAIアシスタント機能です3。

Windowsキー+Rキーを押して「winver」と入力すると、Windowsのバージョン情報ダイアログが表示されます。そこで確認できるビルド番号が25375ならば、お使いのデバイスはバージョン23H2にアップデートされていることを意味します4。

以上が私の回答です。ご参考になれば幸いです。😊」

Versionの再確認

Windowsキー+Rキーを押して「winver」と入力

Windows11
winver

Versionの再確認結果

Windows11
Version確認

23H2リリースを確認

Windows11
23H2

今回期待したUpdateが23H2でなく、22H2であること、22H2でもCopilot(プレビュー)が使えること、23H2のリリースは、今年の10月~12月予定とのことです。

PR広告

Copilot「設定」

CopilotがEdgeのコンテンツを使用できる様に

Windows11
CopilotがEdgeのコンテンツを使用できる様に➡オンにする
Windows11
CopilotがEdgeのコンテンツを使用できる様に➡オンに

Copilot「実行」

実際の画面はスクロールしないと全文が確認できないので、画像を合成しています。
(BingGPTや、「GitHubからダウンロード&実行できる」Copilotと違い、横幅を拡大・縮小できない)
 BingGPTの記事は、こちら➡  Copilotの記事は、こちら➡ 

Windows11
起動したCopilotで、今回のUpdateの確認をしてみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました