Windows 11 Build 22621.2428 KB5031354 Update 10月

Windows 11 Windows 11
Build 22621.2428 - KB5031354
記事内に広告が含まれています。

この更新プログラムは、Windows オペレーティング システムのセキュリティの問題に対処します。
CVE-2023-44487 から保護するには、最新の Windows 更新プログラムをインストールする必要があります。 ユース ケースに基づいて、この更新プログラムの新しいレジストリ キーを使用して、1 分あたりのRST_STREAMSの制限を設定することもできます。➡ このパッチでは、Windows以外の製品も含めCVE番号ベースで103件の脆弱性が新たに対処されています。このうち、すでに悪用が確認されているゼロデイ脆弱性は3件深刻度の評価は、いずれも「Important:重要」です。

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!
PR広告

Build 22621.2428

深刻度「Important:重要」、すでに悪用が確認されているもの。

 「CVE-2023-44487」は「HTTP/2 Rapid Reset Attack」と呼ばれるHTTP/2のサービス運用妨害(DoS)脆弱性で、Microsoft製品以外にも広範囲に影響します。

深刻度が「Critical:致命的」と評価されている致命的な脆弱性は、以下の13件。

  • CVE-2023-38166:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41765:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41767:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41768:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41769:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41770:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41771:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41773:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-41774:Layer 2 Tunneling Protocol Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-36566:Microsoft Common Data Model SDK Denial of Service Vulnerability
  • CVE-2023-35349:Microsoft Message Queuing Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-36697:Microsoft Message Queuing Remote Code Execution Vulnerability
  • CVE-2023-36718:Microsoft Virtual Trusted Platform Module Remote Code Execution Vulnerability

 CVE-2023-44487 から保護➡レジストリ変更する場合

CVE-2023-44487から保護

 Written:2023/10/11
#レジストリ キー

有効な

範囲
レジストリ
キー関数
1 Http2MaxClientResetsPerMinute 400 0–
65535
接続に対して 1 分あたりのリセット (RST_STREAMS) の許可回数を設定します。
この制限に達すると、接続のために GOAWAY メッセージがクライアントに送信されます。
2 Http2MaxClientResetsGoaway 1 0-1 制限に達したときに GOAWAY メッセージを送信することを無効または有効にします。
これを 0 に設定すると、制限に達するとすぐに接続が終了します。
Windows 11
Build 22621.2428 – KB5031354

 KB5031354既知の不具合

KB5031354既知の不具合

 Written:2023/10/11
#KB5031354既知の不具合回避策
1 Mobile Device Management (MDM)アプリの
BitLocker 構成サービスプロバイダー(CSP)ノードで
『FixedDrivesEncryptionType』または
『SystemDrivesEncryptionType』ポリシー設定を使用すると、

一部環境において環境の一部のデバイスで
『Require Device Encryption』設定に
65000エラーが誤って表示されることがあります。

このエラーは表示上のエラーで、
実際には影響はありません。

この不具合はMicrosoft Intuneで発生します。
また、サードパーティ製MDMでも影響を受ける可能性があります。

この不具合は更新プログラム固有の不具合ではなく、
OS自体の不具合です。
Microsoft Intuneでこの不具合を緩和するには、
『Enforce drive encryption type on operating system drives』
または『Enforce drive encryption on fixed drives』ポリシーを
未構成に設定してください。

Microsoftは、今後のアップデートで本不具合の修正を予定しています。
PR広告

新機能

設定のTopにHomeが追加された。
ここから、直接設定ができる様になった。

  • 推奨の設定
    ➡最近使用した設定と一般によく利用される設定へ手軽にアクセス
  • Bluetoothデバイス
    ➡デバイスのBluetooth接続をON/OFFしたり、デバイスを追加できる。すべての接続済みデバイスを表示する設定ページへ移動することも
  • クラウドストレージ
    ➡利用状況を表示(要「Microsoft アカウント」)
  • デバイスをカスタマイズする
    ➡テーマを選んだり、ライトテーマ・ダークテーマを切り替え
  • 他(Microsoft 365」サブスクリプションの契約状況をチェック、Xbox」サブスクリプションの状況や特典をチェック)
Windows 11
新機能➡設定➡Home

Copilotに聞いてみた

Copilot(*)、今回Windowsに導入されたもので、正式には「Copilot in Windows」と言われるAI機能で、未だPRE(プレビュー)版です。

Windows11の150の新機能について教えてください

Windows 11の次期大型アップデート「23H2」には、150以上の新機能が導入される予定です1. このアップデートでは、人工知能(AI)に関連する機能が多数追加されます。以下に、一部の新機能をご紹介します1

BingChat

各項目からのLink先は、EdgeのCopilotでのChatがLinkしたものです。

Copilot in Windowsでも

EdgeのCopilotからChatではなく、Copilot in Windows(プレビュー版)でも同じことを聞いてみた。

Windows11の150の新機能について教えてください

Windows11の150の新機能 を検索しています

回答を生成しています…

Windows 11の150の新機能については、以下のようなものがあります。

これらは一部の新機能ですが、他にも多くの改善や変更が行われています。

なお、まだプレビュー版であることから、
タスクバーのCopilotアイコンクリックでも、「Windows」+「c」キーでも動作しないこともあります。(各項目からのLink先は、CopilotがLinkしたものです。)

Copilotの違いは?

Copilot
Copilot比較「Copilot in Windows」と「Copilot in Edge」

EdgeのCopilotに聞いてみた

BingのCopilotとWindows11のCopilotはどのような違いがありますか?どちらもwith Bing Chat(片方はプレビュー版とありますが)

BingのCopilotとWindows 11のCopilotは、どちらもAIを活用したツールですが、それぞれ異なる目的と機能を持っています。

BingのCopilotは、MicrosoftのAIを搭載した検索ツールで、Microsoft Bingの「検索」と「チャット」の2つの機能を提供します1。これらはGPT-4を搭載していますが、GPT-4そのままではなく、便利な仕組みを備えています1。Bingの特徴は「チャット」と「検索」を切り替えて使えるようにしている点です。

一方、Windows 11のCopilotは、ユーザーがPCでする作業を支援するのが特徴で、GPT-4の技術を利用し、チャット形式で指示することで様々なことができるようになります。具体的には、アプリの起動や、自然言語による操作などが可能です。ただし、現状ではアプリの終了やアプリ内でのテキスト入力などはできません。

したがって、BingのCopilotは主に検索と会話の機能を提供し、Windows 11のCopilotはPC操作の支援を提供します。それぞれがユーザーの異なるニーズを満たすように設計されています。

Bing Copilot

コメント