10/5 提供開始 Windows 11 動作確認PC 正常性チェック

pc health check Windows 11
pc health check for Windows11
記事内に広告が含まれています。
PR広告

Check

Windows 11 10月5日 提供開始

Microsoftは、Windows 11 を10/5より提供を開始すると発表(8/31現地時間)

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

pc health check for Windows11

Windows 11へ更新できるかチェックする
Microsoft公式ツール、プレビュー版が再公開されました。

米Microsoftは8月27日(現地時間)、アップデートされた「PC 正常性チェック」(PC Health Check)ツールを
プレビュー版として「Windows Insider Program」のテスター向けにリリース

PR広告

「PC 正常性チェック」ツール

このツールは

現時点で利用しているパソコンが、
Windows 11のシステム要件を満たしているかをチェックするもので、

Windows 11が発表された時点で公開されていたが、
機能が充分でなかった
(システム要件が不適格と判定され他時点ても理由が明かされない)
などで、ユーザの不満を招き、一時撤回をしていた。

今回新たに
Windows 11の最小システム要件に一部変更を加え、Windows Insider向けにツールも更新されて発表された。

尚、
4GBメモリ、64GBストレージ、UEFI/セキュアブート、TPM 2.0といった、CPU以外の要件については変わっていない。

導入「PC Health Check app」

pc health check

検索窓から
pc health check と入力して検索

右ペインに表れた
Microsoft のURLをクリック

Windows Insider Preview PC Health

pc health check

Windows Insider Preview PC Health Check ページの

Downloadsまでスクロールし、
該当するDownloadを選ぶ

「64-bit Download」をクリックしてダウンロードする

WindowsPCHealthC….msi

pc health check

最下段に

WindowsPCHealthC….msi

ファイルを開く ・・・が表示されたら

クリックしてファイルを開く

PC 正常性チェック

pc health check

PC 正常性チェック」をクリックして

PC 正常性を一目で確認

pc health check

「今すぐチェック」をクリックして

パソコンが、Windows 11のシステム要件を満たしているかをチェックする

またもや残念

pc health check

 このPCは現在
Windows 11システム要件を満たしていません

現在」と、あるので将来性がまだあるのか?・・・不明

☒ プロセッサは現在、Windows11でサポートされていません

サポートされているCPUの詳細
 ・・・ ここから、CPUの型番ごとの詳細を見ることはできましたが、正直見ずらい一覧表でしかありませんでした。

プロセッサ Intel Core i5-7200U CPU @ 2.50GHz ・・・ これがダメらしい

「すべての結果を表示」 をクリック

他は、大丈夫そう

pc health check

✅ このPCはセキュアブートをサポートしています。

✅ このPCではTPM2.0が有効になっています。

✅ 少なくとも4GBのシステムメモリ(RAM)があります。

  システムメモリ 8GB

pc health check

✅ システムディスクが64GB以上です。

  システム保存スペース256GB

✅ プロセッサに2つ以上のコアがあります。

✅ プロセッサクロック速度は1GHz以上です。

  クロック速度2.7GHz

これからも「Insider」プログラムを続けます

新しいツールでのテスト結果は以上の様になりました。

 プロセッサは現在、Windows11でサポートされていません

プロセッサ Intel Core i5-7200U CPU @ 2.50GHz


ですが、「現在」とあることから、

今後も、
Windows 11 「Insider」プログラムを続け様と思います。

ですから

Windows 11 正式サポートまで、Buildレポートも続けていきます。

正式リリース後に万が一不具合が起こったとしても
Windows 10に戻すだけです。

Windows 10のサポートは2025年終了だそうですので、
このままWindows 10に戻したとしても、まだ4年あります。

(尚、このブログを書いているPCは別のWindows10マシンです。)

コメント