Windows 11 初の累積更新プログラム配信開始

利用可能な更新プログラムWindows 11
利用可能な更新プログラム

Windows 11 初の累積更新プログラム配信開始

2021/10/13

Windows 11にとってとなる累積更新プログラム(KB5006674)

これは、Build 22000.194(Beta)のパソコンでも導入できる。
(現段階の正式版も同じバージョン22000.194

利用可能な更新プログラム
Windows Update 利用可能な更新プログラム
スポンサーリンク

KB5006674

KB5006674」:2021-10 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム
この更新により、Intel Killer ネットワーク ソフトウェアとWindows 11の互換性の問題が解決されます。
これまでは、Webブラウザの読み込みを遅くするほか、VPNの動作も遅くなる可能性がありました。

KillerはIntelのWi-Fi製品であり、ゲームに適した仕様を備えています。)

また、同じタイミングで、

KB890830」:悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – v5.94 と

KB5005537」:2021-10 .NET Framework 3.5 および 4.8累積的な更新プログラム(x64 向け Windows 11用) が、提供されています。

再起動が必要

これらは、一度にインストールすることが出来ず、まず「KB890830」がダウンロード終了後に自動的にインストールされ、続いて「KB5005537」インストール前に「再起動」を促されます。

再起動
Windows Update 再起動

まだメッセージが不適切

再起動時には、相変わらず「あなたはそこに0%~です~。」が表示されます(笑)

この再起動時に、残りのインストールが行われる様です。

更新履歴

「更新履歴」のチェックでも確認してみました。

更新の履歴
Windows Update 更新の履歴

(再起動後にインストール残がなく「更新プログラムのチェック」をしても、「最新の状態です)となります。)

もうひとつ、ダークモードを指定していても、再起動後は通常モードになってしまいます。

スポンサーリンク

未だ未解決不具合が残るWindows 11

Windows 11には、いまだ多くの不具合が残っています。

  • レジストリキーに非ASCII文字を使用しているとアプリが起動できない: 調査中
  • Oracle VirtualBoxとの互換性の問題: Oracleから2021年10月にアップデートがリリースされる予定
    (Hyper-VまたはWindowsハイパーバイザーがインストールされている場合、Oracle VirtualBoxの仮想マシン(VM)が起動できず、エラーが表示されることがある)
  • AMDのRyzenプロセッサを使っていると性能が低下: 10月21日までにアップデートがリリース予定
  • エクスプローラーのメモリリーク問題: Build 22454に修正適用
  • 印刷機能に影響を与える不具合: 近日中に修正予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました