Windows 11 Update Build 22000.675 KB5013943

Windows 11 Windows 11
Windows 11 Build 22000.675 KB5013943
記事内に広告が含まれています。

パッチ2022年5月:マイクロソフトは、3つのゼロデイ脆弱性を含む75のセキュリティ問題を修正しました。

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

KB5012643(ビルド22000.652)プレビューのすべての修正と変更が含まれています。特定の.NETFramework3.5アプリケーションで問題が発生したり、開くことができなくなったりする可能性のある既知の問題を修正しました。

PR広告

KB5013943(ビルド22000.675)の改善と修正

特定の.NETFramework3.5アプリケーションで問題が発生したり、開くことができなくなったりする可能性のある既知の問題を修正しました。
 (影響を受けるアプリケーションは、Windows Communication Foundation(WCF)やWindows Workflow(WWF)など、.NETFramework3.5の特定のオプションコンポーネントを使用しています。:.NETFramework3.5に基づくアプリをクラッシュさせる重大なバグを修正、Windows 11のバグにより、特定のアプリを開くことができませんでした。)

セーフモードでデバイスを起動すると画面がちらつく原因となる既知の問題を修正しました。

(ファイルエクスプローラー、[スタート]メニュー、タスクバーなど、explorer.exeに依存するコンポーネントが不安定(Windows 11の画面がちらつく(点滅する))になっていました。)

 KB5013943は、いくつかのバグ修正と改善で、新機能は含まれていません。 パッチをインストールすると、WindowsSearchの新しいインターフェイスが表示されます。 パッチはWindowsUpdate経由で提供されていますが、KB5013943オフラインインストーラーの直接ダウンロードリンクを試すこともできます。

(大規模なリリースではない様ですが価値のある修正がたくさんあります)

Windows 11
Windows 11 Build 22000.675 KB5013943

KB5013943セキュリティリリースです。スキップすることはできませんが、1〜2週間遅らせることができます。 セキュリティ更新プログラムを複数回遅らせようとすると、Windows Updateの設定によっては、パッチが強制的にインストールされる場合があります。

既知の問題点

2022年1月11日以降のバージョンのWindowsでリリースされたWindowsUpdateをインストールした後、バックアップと復元のコントロールパネルアプリ(Windows 7)を使用して作成されたリカバリディスク(CDまたはDVD)は、影響を受けるバージョンのWindowsで起動しない場合があります。サードパーティのバックアップまたは復元アプリケーションは、この問題の影響を受けません。

同時更新

Windows 11
Windows 11 Build 22000.675 KB5013943
  • 2022-05 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5013943)
  • 2022-05 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 11 用) (KB5013628)
  • 2022-05 .NET Core 3.1.25 Security Update for x64 Client (KB5014326)
  • 2022-05 .NET 6.0.5 Security Update for x64 Client (KB5014330)
  • 2022-05 .NET 5.0.17 Security Update for x64 Client (KB5014329)
  • 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – v5.101 (KB890830)

コメント