Windows 11 Update月例 Build 22631.2715(23H2) – KB5032190

Windows 11 Windows 11
23H2_Build22631.2715 - KB5032190
記事内に広告が含まれています。

Security Update(ゼロデイを含む78件の脆弱性に対処)と、AI機能「Copilot in Windows」などの展開を拡大

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

すでに攻撃手法が明らかにされている脆弱性や悪用が確認されている脆弱性は以下、深刻度評価は、「Important」。深刻度が最高の「Critical」と評価されている致命的な脆弱性が3件。

PR広告

Important:重大

すでに攻撃手法が明らかにされている脆弱性や悪用が確認されている脆弱性

深刻度:Important「重大」 Written:2023/11/15
CVE-
2023-#
すでに攻撃手法が明らかにされている脆弱性や
悪用が確認されている脆弱性
備考
36033 Windows DWM コア ライブラリの特権昇格の脆弱性
Windows DWM Core Library Elevation of Privilege Vulnerability
(公開済み、
悪用の報告あり)
36036 Windows クラウド ファイル ミニ フィルター ドライバーの特権昇格の脆弱性
Windows Cloud Files Mini Filter Driver Elevation of Privilege Vulnerability
(悪用の報告あり)
36025 Windows SmartScreen セキュリティ機能バイパスの脆弱性
Windows SmartScreen Security Feature Bypass Vulnerability
(悪用の報告あり)
36038 ASP.NET Core のサービス拒否の脆弱性
ASP.NET Core Denial of Service Vulnerability
(公開済み)
36413 Microsoft Office セキュリティ機能バイパスの脆弱性
Microsoft Office Security Feature Bypass Vulnerability
(公開済み)

Critical「緊急」

深刻度が最高の「Critical」と評価されている致命的な脆弱性が以下の3件。

深刻度:Critical「緊急」 Written:2023/11/15
CVE-
2023-#
深刻度が最高と評価されている致命的な脆弱性 備考
36052 Azure CLI REST コマンドの情報漏えいの脆弱性
Azure CLI REST Command Information Disclosure Vulnerability
36400 Windows HMAC キー導出の特権昇格の脆弱性
Windows HMAC Key Derivation Elevation of Privilege Vulnerability
36397 Windows の Pragmatic General Multicast (PGM) リモート コード実行の脆弱性
Windows Pragmatic General Multicast (PGM) Remote Code Execution Vulnerability

リモートコード実行の脆弱性は「CVE-2023-36397」は、「CVSS v3.1」基本値が「9.8」と高くなっているので、できるだけ早い対応が望ましい。

PR広告

23H2更新後

Windows 11
23H2_Build22631.271 – KB5032190

これで、エクスペリエンスは、
Windows Feature Experience Pack 1000.22677.1000.0 と、なった。

22H2更新後

Windows 11
22H2_Build22621.2506 – KB5032190

22H2の方は、Buildは異なるが、KBとエクスペリエンスは同じ。
Windows 11 Update月例 Build 22621.2506(22H2) – KB5032190
エクスペリエンス:Windows Feature Experience Pack 1000.22677.1000.0

「Windows 11 バージョン 23H2」と
「Windows 11 バージョン 22H2」のパッチは共通。
小さなパッチで機能の有効・無効を切り替えているだけなので、
アップグレードは比較的短時間。

「Copilot in Windows」の拡大

23H2で、AI機能「Copilot in Windows」の展開を拡大とありますが、具体的な内容を教えてください。

Windows 11 23H2 AI機能 Copilot in Windows を検索しています

回答を生成しています…

Windows 11の23H2アップデートでは、AI機能「Copilot in Windows」が搭載されました。この機能は、ユーザーのPC操作を助ける役割を果たします。

具体的な内容については以下の通りです:

  • CopilotはWindows 11のサイドバーとして表示され、Windowsキー + Cまたは右クリックで簡単にアクセスできます。
  • Copilotを利用するためには、Microsoftアカウントを使用してWindowsにログインしていることが必要です。
  • Windows 11の更新プログラム(KB5030310)を適用することでCopilotを利用できます。
  • タスクバーでCopilotアイコンが表示されていることを確認します。
  • 更新プログラム(KB5030509)を適用することで、タスクバーにCopilotアイコンが表示されます。
  • 以上の手順を踏むことで、Copilotを有効化し、利用することができます。ただし、現時点ではまだプレビュー版の更新プログラムのため、手動で更新プログラムをインストールする必要があります。この機能は、日常の生産性向上が期待されています。
Copilot in Windows

23H2 新機能

AI機能「Copilot in Windows」以外にも、何か新しい機能が追加されましたか?

Windows 11 23H2 新機能 を検索しています

Windows 11 23H2 新機能 Copilot in Windows 以外 を検索しています

回答を生成しています…

Windows 11の23H2アップデートでは、以下の新機能が追加されました:

  • Microsoft Teamsの無料版:タスクバーの中央にあった「チャット」アプリが無料版のMicrosoft Teamsのアイコンに置き換わりました。Teamsは、ポップアップしたミニウィンドウをタスクバーから切り離し、画面上の任意の場所に配置できます。
  • ペイントアプリの更新:ペイントアプリはプレビュー版で実装されていたレイヤー機能に加えて、「背景の削除」機能が追加されました。
  • ファイルエクスプローラーの刷新:スマートフォンやPC、クラウドストレージなどをエクスプローラーのギャラリーに追加することで、1カ所ですべての写真が閲覧できるようになりました。
  • ボリュームミキサーの改善。
  • Windowsバックアップ。
  • Windows Devホーム。
  • 設定の改善。
Copilot in Windows

windows11 更新スケジュール