Windows 11 更新 KB5008215 OS Build 22000.376

Windows 11 Windows 11
KB5008215
記事内に広告が含まれています。

月例のWindows Updateです。
今回は、

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!
  • Windowsの脆弱性修正
  • その他、OS内部機能のセキュリティ改善 です。

 また、特定の条件下で新しい日本語IMEが不具合を起こすことがあり、目下対応を進めているとのことです。後半では日本語IMEが不具合を起こした場合の暫定処置について記載しています。

PR広告

Windows Update KB5008215

Windows 11
KB5008215
Windows 11
KB5008215

ダウンロードが終わると自動的にインストールが始まります。

Windows 11
KB5008215

インストールが終了すると、再起動を促されます。

Windows 11
KB5008215

再起動後に、バージョン(OS ビルド)を確認してみます。

更新後のバージョン確認 ➡ OS ビルド Build 22000.376 (以前は、Build 22000.348でした。 )

Windows 11
KB5008215

シリアル番号            「マスキング」・・・シリアル番号は正式版のWindowsでは表示されません(これは、Beta版です。)

2021年12月15日時点では非対応環境Intel Core i5-7200U 第7世代CPUにも更新プログラムが適用されています。

Build 22000.376

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。

セキュリティの向上に焦点が当てられており、WindowsカーネルやTCP/IP、DirectXなどのセキュリティが改善される。

 機能面では、新たな絵文字をサポートしたほか、Explorerが動作停止してしまう問題やショートカットメニューが表示されない問題、Bluetoothオーディオデバイスの音量コントロールに関する問題などが多数修正されている。


 既知の不具合 2021/12/15

既知の不具合 

 新しい日本語IMEを使用していると、アプリケーションにおいて、ローマ字/カナ入力モードが自動的に切り替わらない場合があります
 開発者向け情報: アプリケーションが『ImmSetConversionStatus』関数、またはVK_KANAキーエミュレーションを使用している場合、この不具合の影響を受けます

回避策

 以前のバージョンのIMEを使用する。
『設定』➡ 『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く ➡ 『全般』 ➡ 一番下までスクロールして『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更することでこの不具合を回避できます。

新しい日本語IMEから以前のバージョンのIMEに戻す手順

『設定』 ➡ 『設定の検索』で、「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』をクリック

Windows 11
KB5008215

『日本語 IME の設定』の一番下まで、スクロールし「全般」の部分をクリック

Windows 11
KB5008215

『全般』の一番下まで、スクロールし
一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更する。
これで新しいIMEに起因する不具合は発生しなくなります。

Windows 11
KB5008215
PR広告

次の更新

コメント