Windows 11 Update Build 22000.778 – KB5014668

Windows 11 Windows 11
Build 22000.778 - KB5014668
記事内に広告が含まれています。

日本時間、2022/06/24にリリースされた
Build 22000.778 – KB5014668 は、オプションの更新プログラムです。
オプションの更新プログラム」であることから、当初は取り上げるつもりがなかったんですが、
調べてみると、それなりに改善点があったもので、遅ればせながら記事にしています。
(ただ、このブログでは「エンタープライズ」の部分には触れていませんので、あしからず。)

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!
PR広告

ハイライト 22000.778

 検索のハイライトでは、休日、記念日、その他の教育的な時間など、世界中と地域の両方で、毎日の特別な点の注目すべき興味深い瞬間が表示されます。
(検索の強調表示を表示するには、タスク バーの検索アイコンをクリックまたはタップ)

検索の強調表示は、今後数週間にわたってWindows 11顧客に展開されます。
( 段階的かつ測定的なアプローチを取っています。 広範な可用性は、今後数か月で発生)

  • Windows 11 (元のリリース) にアップグレードできない可能性がある問題に対処。

(OS 内の特定の操作のタイミングに関連しており、デバイスの適格性には関連しない(注意))
以下の問題に対処

  • 一部のゲームでビデオ クリップを再生できない可能性がある問題。
  • 特定のオーディオ テクノロジを使用してサウンド エフェクトを再生すると、特定のゲームの動作が停止する問題。
  • デバイスの再起動後にBluetoothが一部のオーディオ デバイスに再接続できない問題。 
  • 設定 ページで、電話 アプリの名前をスマートフォン連携に変更。
  • Microsoft Surface Dial カスタマイズ設定ページの動作が停止する原因となる問題。
  • Wi-Fi ホットスポット機能を使用できない可能性がある既知の問題。 

改善点

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。

主な変更点

  • 新機能!セキュリティイベント4262およびWinRMイベント91で、受信Windowsリモート管理 (WinRM) 接続の IP アドレス監査を追加。

( これは、リモートPowerShell接続のソース IPアドレスとマシン名をログに記録できない問題に対処)

  • 新機能 サーバー メッセージ ブロック (SMB) リダイレクター (RDR) 固有のパブリック ファイル システム制御 (FSCTL) コードをFSCTL_LMR_QUERY_INFO追加。
  • 新機能 PowerShellを使用してSMBクライアントと SMBサーバー暗号スイートの順序を構成できるようにします。
  • 新機能 検索のハイライトの概要

検索のハイライトでは、休日、記念日、その他の教育的な時間など、世界中と地域の両方で、毎日の特別な点の注目すべき興味深い瞬間が表示されます。

( 検索の強調表示を表示するには、タスク バーの検索アイコンをクリックまたはタップ)

(検索の強調表示は、今後数週間にわたってWindows 11顧客に展開されます。 段階的かつ測定的なアプローチを取っています。 広範な可用性は、今後数か月で発生します。)

  • 新機能 Windows クライアントおよびサーバーの Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) 実装でトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.3 のサポートを追加。
  • Windows 11 (元のリリース) へのアップグレードが失敗する可能性がある競合状態の問題に対処。
  • PowerShell で日本語文字が正しく表示されない問題に対処。
  • クラウド クリップボード サービスに影響を与える問題に対処し、一定の非アクティブ期間が経過するとマシン間の同期が妨げる問題に対処。
  • サンドボックスの実行を開始した後、Windowsサンドボックススタートアップ画面を非表示にできない問題に対処。
  • エンド ユーザー定義文字 (EUDC) を無効にすると、日本のシステム ロケールを持つデバイスが動作しなくなる問題に対処。
  • InternetExplorerModeEnableSavePageAs グループ ポリシーを有効にします。
  • ユニバーサル 印刷操作中にネットワーク プロキシを使用する機能を提供。
  • DirectX 12 (DX12) を使用するゲームで連続したビデオ クリップの再生が失敗する可能性がある問題に対処。
  • XAudio API を使用してサウンド エフェクトを再生すると、特定のゲームの動作が停止する問題に対処。
  • Microsoftルート認定プログラムのメンバーであるルート証明機関への一部の証明書チェーンに影響する問題に対処。 (これらの証明書の場合、証明書チェーンの状態は “この証明書は証明機関によって取り消されました” にすることができます。)
  • Web ベースの分散作成およびバージョン管理 (WebDAV) 接続経由での暗号化ファイル システム (EFS) ファイルの使用を妨げる問題に対処。
  • ドメイン コントローラがシステム イベント ログに Key Distribution Center (KDC) イベント21 を誤って書き込む原因となる問題に対処します。( これは、KDCがキー信頼シナリオ (Windows Hello for Businessおよびデバイス認証) の自己署名証明書を使用して、初期認証用の Kerberos 公開キー暗号化 (PKINIT) 認証要求を正常に処理した場合に発生します。)
  • デバイスの再起動後にBluetoothが一部のオーディオ デバイスに再接続できない問題に対処。
  • Active Directory Lightweight Directory Service (AD LDS) が userProxyオブジェクトのパスワードをリセットしたときに発生する問題に対処。 (他のユーザーのパスワードをリセットしようとすると、単純なバインドを使用して認証されると、パスワードのリセットは失敗します。)( このエラーは、「00000005: SvcErr: DSID-03380C23、問題 5003 (WILL_NOT_PERFORM)、データ 0」のようになります。)
  • 外部信頼を使用した Microsoft NTLM認証が失敗する原因となる問題に対処。( この問題は、2022 年 1 月 11 日以降の更新プログラムを含むドメイン コントローラが、認証要求をサービスWindows、ルート ドメインに存在せず、グローバル カタログ ロールを保持していない場合に発生します。 影響を受ける操作では、次のエラーが記録される可能性があります。)
    • セキュリティ データベースが開始されていません。
    • セキュリティ操作を実行するためのドメインの状態が正しくありません。
    • 0xc00000dd (STATUS_INVALID_DOMAIN_STATE)。
  • 組み込みの Administrators グループを変更すると 、LocalUsersAndGroups 構成サービス プロバイダー (CSP) ポリシーが失敗する問題に対処。( この問題は、置換操作を実行するときに、メンバーシップの一覧にローカル管理者アカウントが指定されていない場合に発生します。)
  • 不正な形式の XML 入力が 原因でDeviceEnroller.exeでエラーが発生する可能性がある問題に対処。( これにより、デバイスを再起動するか XML を修正するまで CSP がデバイスに配信されなくなります。)
  • アプリケーションのインストール時にWindows 11 (元のリリース) の動作が停止し、ネットワーク接続がない場合に発生する可能性がある問題に対処。
  • Windowsターミナルをアンインストールした後、[スタート] ボタンを右クリック (Win + X) したときにWindows PowerShellを表示するスタート メニューを更新。
  • 設定 ページで、電話 アプリの名前をスマートフォン連携に変更。
  • Microsoft Surface Dial カスタマイズ設定ページの動作が停止する原因となる問題に対処。
  • Wi-Fi ホットスポット機能を使用できない可能性がある既知の問題に対処。( ホットスポット機能を使用しようとすると、クライアント デバイスが接続した後、ホスト デバイスがインターネットへの接続を失う可能性があります。)

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 11 サービス スタック更新プログラム – 22000.761

 この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上。
 ( サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。)

PR広告

この更新プログラムに関する既知の問題

  現象
.適用対象
回避策
IT


この更新プログラムをインストールした後、
一部の .NET Framework 3.5 アプリで問題が発生したり、開けなくなります。


影響を受けるアプリは、
.NET Framework 3.5 の特定のオプション コンポーネント
Windows Communication Foundation (WCF) や
Windows Workflow (WWF) コンポーネントなど、
を使用しています。
Windows機能で.NET Framework 3.5Windows Communication Foundation を再度有効にすることで、この問題を軽減できます。

手順については、「コントロール パネルの.NET Framework 3.5 を有効にする」を参照してください。

上級ユーザーまたは IT 管理者は、管理者特権のコマンド プロンプト(管理者として実行) を使用し、次のコマンドを実行して、プログラムでこれを行うことができます。

dism /online /enable-feature /featurename:netfx3 /all

dism /online /enable-feature /featurename:WCF-HTTP-Activation

dism /online /enable-feature /featurename:WCF-NonHTTP-Activation
IT


この更新プログラムをインストールすると、
サイトにモーダル ダイアログ ボックスが表示されたときに、Microsoft Edge の IE モード タブが応答しなくなる可能性があります。

モーダル ダイアログ ボックスは、Web ページまたはアプリの他の部分を続行または操作する前に、ユーザーが応答する必要があるフォームまたはダイアログ ボックスです。

開発者向けメモ この問題の影響を受けるサイトは window.focus を呼び出します。
この問題は、既知の問題のロールバック(KIR)(英文)を使用して解決されます。

解決策がコンシューマー デバイスおよび非管理対象のビジネス デバイスに自動的に伝達するには、最大で 24 時間かかる場合があります。

Windows デバイスを再起動すると、解決策がデバイスに適用される時間を短縮できる可能性があります。

影響を受ける更新プログラムをインストールし、この問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合は、以下に記載の特別なグループ ポリシーをインストールして構成することで解決できます。

これらの特別なグループ ポリシーのデプロイと構成の詳細については、「グループ ポリシーを使用して既知の問題ロールバックを展開する方法」を参照してください。

次のグループ ポリシー名を持つグループ ポリシーをダウンロードします。

● Windows 11用にダウンロード- Windows 11 (最初のリリース) KB5014019 220624_22553 既知の問題ロールバック

重要この問題を解決するには、Windows のご使用のバージョン用のグループ ポリシーをインストールして構成する必要があります。


コメント