ウェブマーケティング

情報を得る手段が、インターネットへ移行しました。
(人によっては、まだ移行期という人も居ますが)
それに伴い、従来大企業や大手の人たちの広告の独壇場であったテレビや新聞から。

中小・零細企業でも
もっと小さい個人でも
インターネット広告が出せるようになりました。
(これによって、ほぼ移行が終わったと言っても過言ではないと思います。)

まだまだ、利用件数は少ないかもしれませんが、
日本の企業の割合は、大企業が0.3%しかありません。

”割合でいうと、大企業が0.3%、中小企業が99.7%と、世の中の企業はほとんどが中小企業であることがわかります。 とりわけ、従業員が5名以下の小規模企業は日本の全企業数の9割弱を、また雇用の1/4をそれぞれ占めています。” 

中小企業庁 
https://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/teigi.html

中小企業者の定義
https://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/kaitei_13.pdf

国税庁:統計情報
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/tokei.htm

インターネット上の広告は
リスティング広告(PPC:クリック連動型広告)、ディスプレイ広告(バナー広告:GDN/YDN)だけでなく
SNSの利用からウェブサイト(ホームページ)まで
様々な形で、従来の広告費用では考えられなかったほど安価に実現できます。

大手しか実施できなかったこと(テレビ・新聞広告から)が、中小・零細・個人でもできる(インターネット広告で)

但し、インターネット利用の広告には規制が設けられました。

端的な例が2018年6月からホームページも広告扱いとなり規制対象となったことです。

知らなかったでは済まされない医療ホームページ横浜スマホ最適
美容医療や歯科の自由診療などほとんどの医療機関のホームページは修正変更を余儀なくされています。違反には罰則があり指導が来てから「改正は知らなかった」という対応は全く通用しません「医療広告ガイドライン」早めの対応が必要です。「ホームページ診断」はお問合せください。横浜スマホ最適サイト。「医療広告ガイドラインに関するQ&A...

インターネットを使った広告は、
大手はもとより
たくさんの企業・個人が利用しています。
そして、インターネット広告を使う上で最も大事になってきているのが、
ウェブ上のマーケティング、ウェブマーケティングです。

ここ(このウェブサイト)では、
ウェブサイトを使う形でウェブマーケティングの、様々なアプローチを実践していきたいと考えています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました