Googleウェブ パフォーマンス ツールPageSpeed Insights (Lighthouse)

Googleウェブ パフォーマンス ツールPageSpeed Insights (Lighthouse)PageSpeed Insights(Lighthouse)

Google のウェブ パフォーマンス ツールのPageSpeed Insights は、ウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための方法を提案します。PageSpeed Insights では Chrome ユーザー エクスペリエンス レポート(CrUX)のデータを組み入れて、ページに関する実際のパフォーマンス データを表示します。

LighthouseとPageSpeed Insightsの機能比較

 

比較/項目LighthousePageSpeed Insights備考
目的ウェブページの外形技術監査ウェブページの外形技術監査ユーザの立場(ブラウザ)からウェブページの
機能と性能を技術的な側面で監査。
内部コンテンツは対象外
回数や頻度1ページ1回ずつ1ページ1回ずつ指定URLの1ページについてワンショットの監査を実行。
複数URLの監査・定期実行は不可
監査カテゴリパフォーマンス・アクセシビリティ・
ベストプラクティス・SEO・PWA(選択可)
パフォーマンスのみLighthouseの方が高機能
実行環境クライアントPCGoogleが用意するサーバLighthouseは自分の環境で動作
PageSpeed Insightsはウェブサービス。
利用方法Chromeのデベロパツールの
Audit・Chrome機能拡張・CLIコマンド
ウェブページ・API、
Search Consoleからも起動でき、
タブ切り替えでパソコンとモバイル環境を表示
実行環境が違う為エンドポイントがかなり違う
HTMLレポート〇 (ウェブページ)HTMLレポートを出力できる。
JSONレポート〇 (CLIコマンドのみ)〇 (API)プログラムで集計処理しやすい
JSONレポートを出力可
日本語翻訳×Lighthouseリポジトリ日本語辞書はない?
PageSpeed Insightsは
APIでも locale=ja を指定すると日本語翻訳
利用制限なしAPIは1日25,000回までLighthouseは自分のPCやサーバで実行する為、制限なし
ウェブページからのPageSpeed Insightsの利用制限は不明
細かな設定変更CLIで可能不可LighthouseのCLIコマンドには多数のオプションがある
アクセス制限ページ対応可不可PageSpeed Insightsは
誰からでもアクセスできるページのみ監査可
安定性実行環境依存高いLighthouseは自前の環境で実行する為・
特にネットワーク速度によって点数が前後

PageSpeed Insightsはウェブサービスの為・安定
ウェブサイトの軽量化

必要なことは特定のページでしか使わないプラグインは、特定ページ動作に限定する

たとえば、コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。無頓着でいると、貴重な数ミリ秒を浪費してしまう。 全てのページで有効化しているのは大きな浪費✅ 塵も積もれば山となる。サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。
2020.09.29
サイト運営

次世代フォーマットでの画像配信:目的はウェブサイトの利便性向上

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ➡目的は、ウェブサイトの利便性の向上。ウェブサイトの表示が、遅いと感じたときは、無償のグーグルのスピードテスト※01を試してみるのは如何でしょうか?ウェブサイトの表示遅延は、「致命的と言っていい程の問題です。」
2020.09.29
WebP次世代フォーマット

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ

次世代フォーマットでの画像配信:アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグイン目的はユーザビリティの向上。方法はサイトの応答時間を短縮させるに必要な画像の軽量化(最適化)すること手段は次世代フォーマットでの画像の配信が出来る(PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができる)プラグインを使うこと
2020.09.29
タイトルとURLをコピーしました