運営plugin

WordPressサイトの運営に欠かせないプラグインのご紹介
1.次世代フォーマットでの画像の配信によるサイト表示時間の短縮用プラグインのEWWW Image Optimizer
 (WebPをサポートしているブラウザではそのまま。サポートしていないブラウザは.htaccessによる自動振り分け設定が必要)

プラグイン

あなたにお薦めWordPressプラグイン#13アンチスパム

Invisible reCaptchaはスパムと思われるアクセスを侵入される前にブロック:スパムフィルタリング 電子メールで悩みの種となっているのが、迷惑メール、いわゆるスパムメールです。生産性の低下、通信コスト、リソースの消費などの損害があります。「アンチスパム」はスパムメール対策を目的としたものです。スパムは「スパムメール」の他、「スパムコメント」があります。ウェブサイトを運営していると、スパムコメントが投稿されることがあります。サイト運営でコメントはマーケティング上重要なものなのでコメント募集をするのです。Invisible reCaptchaはスパム対策に必須です。
2021.04.30
ウェブサイトの軽量化

特定のページでしか使わないプラグインは、ページ動作を限定しパフォーマンス寄与

たとえば、コンタクトフォーム用プラグインは問い合わせページでのみ有効化する。あなた(管理者)しか使わない管理画面用のプラグインは、Admin Pageのみで有効化する。無頓着でいると、貴重な数ミリ秒を浪費してしまう。 全てのページで有効化しているのは大きな浪費✅ 塵も積もれば山となる。サイトの表示速度と利用者の離脱率には高い相関関係があります。利用者が検索などでサイトを見つけて閲覧を開始したとしても、サイトの表示速度が遅いとサイト離脱を促してしまうこともあります。
2021.04.12
サイト運営

次世代フォーマットでの画像配信:目的はウェブサイトの利便性向上

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ➡目的は、ウェブサイトの利便性の向上。ウェブサイトの表示が、遅いと感じたときは、無償のグーグルのスピードテスト※01を試してみるのは如何でしょうか?ウェブサイトの表示遅延は、「致命的と言っていい程の問題です。」
2021.06.23
WebP次世代フォーマット

画像を次世代フォーマットに変換してサイトの表示スピードアップ

次世代フォーマットでの画像配信:アップロードした画像を最適なフォーマットに自動変換するプラグイン目的はユーザビリティの向上。方法はサイトの応答時間を短縮させるに必要な画像の軽量化(最適化)すること手段は次世代フォーマットでの画像の配信が出来る(PNG や JPEG より圧縮性能が高く、ダウンロード時間やデータ使用量を抑えることができる)プラグインを使うこと
2021.06.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました